スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第75弾「アラジンA」の登場です。

サミー爆裂AT機三羽烏から最後の登場となった、アラジンA。

2号機、ニイガタ電子製作「アラジン」の血を継ぐ爆裂機。

4号機となり、集中からATへと形は変えたものの、その爆発力は初代以上のパワーを持ち、ホールでも人気機種となった本機。

獣王サラ金と共にサミーの屋台骨を支え、アルゼにとって代わり、パチスロメーカーのリーディングカンパニーとなる足元を固めた名機。

本機はファンの方も非常に多いと思います。

あまり打っていない銀猿の説明では物足りないかと思いますが、よければ、少しの時間、懐かしさに浸っていって下さい。

では、参ります。

 

 

スペック

 

 

■メーカー

サミー

■発売時期

2002年2月

 

BIG REG AT 機械割 実質機械割
設定1 1/439.8 1/655.4 1/183.6 94.7% 97.7%
設定2 1/161.3 98.2% 102.0%
設定3 1/142.7 102.0% 106.7%
設定4 1/409.6 1/595.8 1/132.4 107.0% 112.5%
設定5 1/364.1 1/546.1 1/112.4 117.1% 124.3%
設定6 1/299.9 1/496.5 1/83.5 119.9% 148.1%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ

 

 

本機はA-400+AT。

同メーカーの爆裂AT機である、獣王・サラ金と同じく、BIGとREGを搭載しているが、出玉を左右するのは、勿論AT機能。

そのATのしくみが、前述二機種とは趣を異なるのだが、それは以下に記載。

BIG中は、リプレイ外しが効くが、例の漏れず、やれば得するのではなく、やらないと損するレベル。

 

 

 

 

 

 

 

AC突入条件

 

 

 

本機には「アラジンチャンス(以下AC)」と呼ばれるATが搭載されているが、その仕様が、獣王・サラ金とは少々異なる。

獣王とサラ金は、基本的に純ハズレを引いた時にATの抽選を行い、合否が決まり、そして同時に連チャン回数も決まる仕様。

しかし、本機の場合、抽選するのはACの当選合否ではなく「状態の移行」となります。

この「状態の移行」抽選で「高確状態に移行」する事が、ACを獲得する最初の一歩となります。

普段滞在する低確状態時では、ほぼACに当選する事はありません。

純ハズレを引いた場合、いきなり直当たりする事がないとは言えませんが「ほぼない」と思っていてOK。

当たれば、事故レベルです。

反面、高確状態時には、純ハズレの一部と両ボーナス以外、全ての小役成立時に、約1/20の確率でACに当選します。

そして、この高確状態が「続く限り」、ずっと、約1/20の確率でACの抽選を行い続けます。

その為、高確状態に居続ける間、ACに高確率で当選する事で、連チャンする仕様となっています。

高確状態には「ショート」と、「ロング」の二種類があり、当然「ロング」の方が、高確状態が長く続く可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

 

状態の移行の契機

 

 

では、どうすれば高確率状態に移行するのか?

突入契機は「純ハズレ」・「BIG」・「REG」・「天井」の、全部で4つ。

それぞれ確率が異なります。

 

 

純ハズレ

 

まずは純ハズレですが、本機の純ハズレには「チェリーが出る/出ない」の二種類があり、当然、目押しをしておかないと判別不能。

ちなみに、ACの当選確率には差があるが、状態移行については、チェリー有無による差はない。

純ハズレの出現率は以下の通り。

 

単チェ有 単チェ無 合算
設定1 1/266 1/799 1/199
設定2
設定3
設定4 1/284 1/853 1/213
設定5 1/315 1/946 1/236
設定6 1/386 1/1159 1/289

 

 

高設定程、出現率が低くなっている。

 

 

続いて、純ハズレ出現時の、低確から高確状態への移行率。

 

高確ショートへ 高確ロングへ
設定1 1/20 1/20
設定2 1/16.5 1/16.5
設定3 1/13.9 1/13.9
設定4 1/11.1 1/11.1
設定5 1/8 1/8
設定6 1/4 1/4

 

 

分かりやすく、設定が高くなればなる程、高確へ移行しやすくなっている。

後、ショートからロングへの「昇格抽選」も行われ、こちらは全設定1/4となっている。

 

 

BIG

 

BIGを引いた時も高確へ移行する可能性を秘めている。

確率は全設定共通。

高確ショートへ = 1/7.38

高確ロングへ  = 1/32

 

 

REG

REGを引いた時も高確へ移行する可能性を秘めているが、BIGに比べると、大きく確率が下がる。

確率は全設定共通。

 

高確ショートへ = 移行しない

高確ロングへ  = 1/199.8

 

 

天井

 

ボーナス間、1,251ゲーム以降の5枚チェリーor純ハズレを引いた時に状態移行。

確率は全設定共通。

 

高確ショートへ = 1/5.46

高確ロングへ  = 1/99.9

 

 

 

 

 

 

 

ACの期待連チャン回数

 

ACは、高確状態に居続ける限り、約1/20の確率で発動し続ける訳ですが、当然、無限に続く訳ではありません。

初代と違い、BIGでACが終わる事はありませんが、一定の確率でパンク抽選が行われており、そのパンク抽選に当たってしまうと、残念ながら、低確状態に移行する事となります。

 

高確ショート滞在時

パンク確率 期待連チャン数 期待獲得枚数
設定1 約1/50 2.42回 288枚
設定2 約1/69 3.23回 385枚
設定3 約1/50 2.42回 288枚
設定4 約1/69 3.26回 389枚
設定5 約1/48 2.31回 275枚
設定6 約1/71 3.37回 401枚

 

 

期待連チャン数はそれ程でもない。

偶数設定の方が、パンクしにくくなっている。

 

高確ロング滞在時

パンク確率 期待連チャン数 期待獲得枚数
設定1 約1/277 14.10回 1682枚
設定2 約1/256 13.00回 1550枚
設定3 約1/297 15.13回 1804枚
設定4 約1/260 13.17回 1571枚
設定5 約1/309 15.61回 1861枚
設定6 約1/292 14.68回 1751枚

 

 

ショートと比べると、断然パンクしにくくなっており、期待連チャン数も伸びる。

こちらは、奇数設定の方が、パンクしにくくなっている。

 

 

スーパーアラチャン

 

 

本機には、通常のACとは別に「スーパーアラチャン」と呼ばれる、一撃5万枚の可能性を秘めた、いかついプレミア役が存在する。

スーパーアラチャンは、通常のACと違い「回数」が決められており、当選時にその回数の抽選が行われる。

 

突入契機

 

 

スーパーアラチャンへの突入契機は「AC中に純ハズレを引く」事。

AC中に純ハズレを引けば、1/2でスーパーアラチャンに当選する。

 

回数の振り分け

 

継続回数 振り分け率 期待獲得枚数
0回 50%
10回 33% 約119枚
30回 5% 約450枚
50回 5% 約774枚
100回 5% 約1428枚
200回 0.25% 約2738枚
300回 約4048枚
400回 約5357枚
500回 約6667枚
1000回 0.10% 約13215枚
2000回 0.01% 約26311枚
3000回 約39407枚
4000回 約52503枚
5000回 約65480枚

 

 

可能性は極めて低いが、一撃5万枚も可能ではある。

 

 

リセット狙い

 

本機は設定変更時に、状態の移行抽選を行う。

確率は以下の通り。

 

 

通常モード 高確ショート 高確ロング
設定1 1/1.13 1/41.69 1/11.10
設定2 1/1.15 1/29.15 1/10.32
設定3 1/1.18 1/36.41 1/8.17
設定4
設定5
設定6

 

 

確率は低いものの、突入していた場合、ロングの方が期待出来る。

高確であれば、約1/20でACに突入するので、イベント後など、設定変更の可能性が高い場合は、狙ってみる価値あり。

 

 

まとめ

 

 

如何だったでしょうか?

このように書いてみると、よく作り込まれた機種だと感じます。

AT機の作りにおいて、サミーが他のメーカーを圧倒していたのも、こうやって振り返っていくと、よく分かります。

アルゼも、他の会社の技術者を引き抜いたり、様々な訴訟案件ばかり抱えているから、基本の台作りが疎かになっていくんですよ。

 

 

 

 

若干不本意な動画を載せます。

まぁまぁ説明がうざいですが、他の動画よりは、長さや角度がマシなので・・・。

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事