スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第106弾「マジックモンスター」の登場です。

スノーキング

陸奥一番星

と、マイナー機種が続いていたが、ここで少しはネームヴァリューのある機種が登場。

大人気機種だったとは言わないが、前身機であるトリックモンスターもまずまずの設置台数だった。

パチスロの歴史を振り返った時に、必ず名前が挙がる機種ではないが、何となく覚えている方も多い機種。

そんな、何とも言えない微妙な立ち位置の台だと思われる本機。

こういう機種が、一番振り返る値打ちが高いように思うのだが、どうだろうか?

では、振り返っていきましょう。

 

 

基本情報

 

 

■メーカー

オリンピア

■発売時期

2003年5月

 

 

BIG REG 機械割
設定1 1/344 1/344 94.0%
設定2 1/318 1/318 97.5%
設定3 1/300 1/300 100.4%
設定4 1/275 1/275 104.9%
設定5 1/243 1/243 111.7%
設定6 1/202 1/202 119.0%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ

 

 

本機にはBIGとREGが搭載。

BIGは、JACKゲームが通常の3回あるパターンなのでAタイプ。

内部的に成立したボーナスは、一旦全て内部に貯められるのでストック機。

なので、A+ST機となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム性

 

内部的には、ややアラジンAに近いイメージ。

だが、前回の「陸奥一番星 ≒ サラ金」程、似通っている訳ではない。

五つのモードで管理されており、そのモードを行き来する事で、ハマリと連チャンを演出するゲーム性。

モード移行契機は、

 

①純ハズレ

②マジックメーター満タン

③4枚チェリー成立時

④おばけ成立時

⑤中段(2枚チェリー)成立時

以上が、モードが「上がる」契機となっている。

①の純ハズレはボーナスを一つ放出した後、100%高確ショートに移行する。

 

②のマジックメーターは、8枚役である「月図柄」成立時の1/4.85でメータが一つ上昇。

7回上昇でモード移行抽選が行われる。

約320ゲーム程度で満タンになり、モードの移行先には設定差があるが、必ずしも設定順と言う訳ではない。

移行先は、単発モードが多いが、高確ショートへは、それなりに期待出来る。(約13%~25%)

高確ロングへは一律0.78%なので、当たれば超ラッキーと言ったところ。

 

③の4枚チェリー成立時は、設定差がなく、一律0.78%で高確ショートへ移行する。

こちらも当たれば超ラッキーだが、同じ確率で当たるのなら、②で高確ロングが良いに決まっている。

 

④のおばけ成立時は、制御により「ハズレ目・チャンス目・お化け揃い」の三種類に分類。

②のマジックメーター満タン時よりも期待が高く、高確ショートは勿論、ロングへの移行も期待出来る。

ここが一番設定差が大きく、設定推察の判断材料となる。

但し、ハズレ目の時には、特定演出が起こらないので、100%看破は難しい。

ある程度、感覚に頼る部分が出てくる事になる。

 

⑤の中段(2枚チェリー)は激熱となる。

成立確率は1/6498。

GODよりは引きやすいが、それでも低い確率に変わりはない。

特典は、1/2で高確エクストラモードへ突入。

もし移行しなかった場合は、ボーナスを一つだけ放出して、通常モードへ移行する。

この1/2の差は大きい。

あまりに大き過ぎる。

まさに、高低差があり過ぎて、耳がキーンッ!となるレベルである。

 

 

モード

 

モードは全部で5つ。

 

 

通常モード

 

通常と名前が付いているが、ほぼボーナスの放出が期待出来ないハマリモード。

上記移行契機役を引く事を、ただひらすらに待つ事になるが、普段はほぼここにいる。

 

 

単発モード

 

移行すると、天井が32ゲームのRTに突入。

即ち、1~32ゲームの間に、必ずボーナスが放出される。

ボーナス放出後は、必ず通常モードへ移行。

しかし、モード滞在時に、上記①~④のモード移行契機役を引くと、高確ロングへ移行する可能性がある。

4チェは相変わらず0.78%なので期待出来ないが、マジックメーターとお化け成立時は約1/3。

純ハズレ時は100%移行。

 

 

高確ショート

 

ここからがアラジンに似ている点。

殆どのゲームで解除抽選が行われ、平均ボーナス放出数は、約2~3.3個。

おおよそ設定に順ずるが、ショートの場合は、設定2と4の方が、設定3と5よりやや平均放出個数が多い。

この辺りは、当時のトレンドに乗っている感じ。

また、単発モード同様、高確ロングへの移行もある。

条件、確率は単発モードと同じ。

 

 

高確ロング

 

ロングと言うぐらいなので、ショートよりも平均放出個数が多く、約4.5~6.2個となる。

ここでは、奇数の方が放出個数が多くなるが、この辺も当時の流行り通り。

 

 

高確エクストラ

 

中段チェリーの1/2で移行してくる事は前述通り。

スーパーアラチャンには遠く及ばないが、全設定で、平均10個のボーナスを放出。

約1/13,000の難関をくぐり抜けた割には、見返りが小さいか??

 

 

立ち回り

 

 

ヒラで立ち回るには、少々難しい機種。

お化け成立時のボーナス放出率から設定差を見抜きたいが、ハードルが高そう。

全体的に設定6は看破出来る可能性が高いが、それでも「丸分かり」には程遠い。

設定6以外の機械割もそれ程高くなく「喰っていける機種」とは縁遠い機種だろう。

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事