スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

ここまで42話続けてきたリーマンスロッター編。

当初は、説明部分や新たな機種の登場も多く、多少なり起伏があったと思うが、ここ最近は打つ機種も・店も・動きも、似たモノが多く単調になってしまっていた。

パチスロで「勝つ為の立ち回りを続けていく」という事は、ある程度「同じ事の繰り返し」になるのは仕方ないのだが(この頃はまだその域に達してはいないが・・・)流石に、わざわざ時間を割いて読んで頂いている方々に、毎日毎日同じ様な文章をご覧頂くのは申し訳ない。

そこで少しだけマイナーチェンジして、特に今までと大差がない日の結果はダイジェスト的に書かせて頂き、スピード感を上げていこうかと思います。

懲りずにお付き合い頂ければ嬉しく思います。

では、第43話ご覧下さい。

 

16&17日

 

7月16日

店舗 機種 収支
S・E店 デュエルドラゴンR -1K

 

7月17日

店舗 機種 収支
S・E店 大花火 -18K
デュエルドラゴンR -2K

 

二日続けて設定期待度が高いS・E店へ。

16日はいつも通り「打ちたい機種」デュエルRを打つも-1K。

17日は珍しく最初に大花火を選択。

懲りずに「苦手」機種を攻めて負債を抱え、逃げる様にデュエルに向かうも、傷口を少々広げて終了。

月間のマイナスが大きくなってしまった。

 

二日分小計 月間計
-21K -24.5K

 

 

デース!

 

7月19日

店舗 機種 収支
ライトスター アステカ -1K
エル 花火 -9K
A・B店 タロットマスターR -4K

 

この日は、久しぶりとなるライトスター店でのモーニング狙いから。

アステカを選択するも、モーニングは引けず。

たった一台で撤退し、移動した先はエル店。

夕方専用店扱いだったので一旦帰宅後再出動したかな?

打った機種は二度目の登場となる花火。

「減算値判別」について書いているが、この頃はまだその存在を知らなかった。

世の中的には知られていたけど、僕が知らなかっただけね。

で、その花火で-9Kとヤラれた時点で、札台が売り切れ模様。

さて、ならばと信号を渡り、A・B店の状況を確認しに行くと、新台のタロットマスターRに空き台を発見!

恐らく、各設定におけるボーナス確率を知らない状態だったと思うので、空いている台に無条件で座ったと思う。

勿論初打ちのタロマスだったが、死神に「death!」と一刀両断されて負債を増やして終了。

今思い出しても、あの「death!」には少々イラッとするな。

 

日計 月間計
-14K -38.5K

 

 

20日~22日

 

7日20日

店舗 機種 収支
ライトスター アステカ -1K
大花火 -1K
サンダー -1K
A・K店 大花火 -3K

 

7月21日

店舗 機種 収支
S・E店 デュエルドラゴンR +17.5K

 

7月22日

店舗 機種 収支
エル デュエルドラゴン2 +22K

 

20日は、久しぶりにライトスター店経由A・K店行きのパターン。

モーニング狙いは3機種3台を打つも全滅。

お隣A・K店で大花火を打っているのは謎でしかないが、ここでもやはり赤ドンでは結果を出せず敗北。

21日は最近お気に入りの、S・E店+デュエルRの組み合わせで珍しく快勝。

22日は、エル店札台デュエル2がもっと珍しくご機嫌さんで、夕方から+7.6枚交換としては十分な+22Kと完勝。

20日終了時に-44.5Kと膨れたマイナスも、何とか-5Kと戻す事に成功した。

 

三日分小計 月間計
+33.5K -5K

 

収支的にはトータル-5Kと、月間プラスに十分手が届く範囲。

打つ店や店舗に大きな変化は見られないが、今回久々にライトスター店が登場した。

が、ここまでひよっこリーマンスロッターの収支の底支えをしてくれていたライトスター店は、7月20日の実践を最後にもう出てこない。

厳密に言うと、2003年に一度だけ打つ事になるのだが、2000年はもうライトスター店で打つ事はない。

一体何があったのか?

理由は次回44話で。

 

第44話に続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事