スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第34弾「ホットロッドクイーン」の登場です!

ルパンに続いて、当ブログでオリンピアの機種を取り上げるのは2機種目となります。

この機種は前回のハイパーラッシュとは違い「一度しか打ってない」って事はないですが、やはり個人的にはあまり打てていません。

理由は「メイン店に設置されていなかった」からなのですが、少ない実践ながらも、本機は十分にその面白さを見せてくれました。

パチスロには、「3本のリールが織りなす出目と、ほんの少しの演出があれば、それだけで十分楽しんだっ!」って事を再認識させてくれた名機だったと思います。

 

スペック

 

■メーカー

オリンピア

■発売時期

2000年3月

 

BIG 機械割(フル攻略時)
設定1 1/274 99.5%
設定2 1/253 104.7%
設定3 1/226 104.7%
設定4 1/210 117.2%
設定5 1/195 122.9%
設定6 1/170 134.1%

 

ホロキュー筐体

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 777@Nifty様

 

 

基本仕様

 

本機はJACゲームが2回のBタイプで、かつ、一度のBIGで500枚以上の出玉獲得も可能な、B+大量獲得タイプとなります。(以前登場した機種の中では、エルビスと同じタイプです)

Bタイプ故のボーナス確率の低さから、低設定域でもBIGの連打に遭遇する機会はそれなりにあり、そのBIG時の出玉が多いとくれば一瞬の爆発力は相当なモノです。

当然、逆にハマる時は全てストレートとなる訳ですから、波が荒くなるのは仕方ないところですが、設定5以上であればBIG確率は1/200を切りますので、高設定域の安定感はAタイプをしのぎます。

まぁ、上記機械割をご覧頂ければ、高設定には滅多にお目にかかれないと思いますが。

 

ホロキュー外し

 

 

 

 

 

 

 

出目

 

昔ながらのスロッターにとって、オリンピアと聞けば「バニーガール」「スーパーバニーガール」の2号機を思い出される方も多い事でしょう。

本機は、そのバニー&スーパーバニーで代名詞ともなった「ズレ目」が健在でした。(実はルパンもね)

ズレ目とは「何の図柄もテンパイしていない状態」の事です。

本機もバニー&スーパーバニーも、「何らかの絵柄をテンパイさせる制御」が常に働いていますが、ボーナスや引き込みの悪い小役(適当に打つと取りこぼす小役)が成立した場合は、その制御が崩れます。

即ち、取りこぼしorボーナス(本機の場合はBIG)となり、激熱目(モノによっては確定目)となる訳です。

どうですか?ズレ目を知らない世代の方、打ってみたくなりませんか?

 

ホロキューズレ目1

 

 

 

 

 

 

※何もテンパイしてないでしょ?

 

ホロキューズレ目2

 

 

 

 

 

 

※こちらも変な形ですがズレ目

 

ホロキューズレ目3

 

 

 

 

 

 

※くどい様ですがズレ目

 

画像元 癒しのリーチ目様

 

演出

 

本機には、4thリールはついていません。

そして、液晶もついていません。

ですが、熱い演出があります。

それは「音」を使ったモノ。

一つ目は「遅れ」です。

遅れで有名なのは花火ですが、本機の場合は「プラムorBIG」です。

本機は「小役カウンター」を搭載しており(減算値に差はない)、高確率状態の時は約1/15ですが、低確率状態の時は約1/1394と殆ど出現しません。

ですので、メイン小役である旗(10枚)が続いた後に遅れが発生したりしたら、それはもう、「押せない」レベルで熱い事この上ありません。

二つ目は「無音」です。

問答無用のBIG確定です!

この無音が聞きたくてホロキューを打つ方も多かったです。

僕も友人に「無音聞いた?」と言う、「謎の日本語」をよく発していた記憶があります。

グランシエルなどとは逆の発想ですよね。

普段あるべきものが無くなる事でプレミアとなる。

初めて聞いた時の「違和感」は、今でも忘れられません。

 

 

 

※30秒過ぎに遅れ、5分30秒過ぎに無音が聞け?ます

 

 

打ち込みの足りない僕の説明では物足りないと思います。

不足部分はこのブログを肴に、スロ仲間と一緒に盛り上がって下さい!

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事