スポンサーリンク

こんにちは!銀猿です。

本日より、リーマンスロッター編をスタートします。

この稼働日記は、手元の収支表と銀猿の記憶を辿りながら書いていきますので、
特に機種に関する数値関係などは、間違っている箇所があるかと思います。
その際は、ご指摘頂ければ修正致しますので、ご連絡お願い致します。

どんな時代?

この物語は、2000年からスタートします。

2000年がどんな時代だったかと言うと・・・

・イチロー選手が、シアトルマリナーズと契約し、日本人野手初のメジャーリーガーに

・シドニーオリンピック開催

・プレイステーション2が発売される

・タイガーウッズ選手がグランドスラムを達成(4大大会制覇)

・AFCアジアカップで日本が二度目の優勝

・ハリーポッターと秘密の部屋発売

・白川英樹氏が、ノーベル化学賞受賞

・ヒット曲
TUNAMI(サザンオールスターズ)・恋のダンスサイト(モーンング娘。)

らいおんハート(SMAP)・夏祭り(White berry)SEASONS(浜崎あゆみ)

桜坂(福山雅治)NEO UNIVERSE(L'Arc~en~Ciel)

・プロ野球優勝球団
セ・リーグ 読売ジャイアンツ
パ・リーグ 福岡ダイエーホークス

う~ん、懐かしいです!
まだダイエーだもんね。

稼働日記初日

2000年1月3日

店舗 機種 収支
ライトスター ドラキュラ7A +26K

 

ドラキュラ7A筐体画像

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ仕事をしながらスロットを打っていたこの頃、
前年のいつ頃から「パチスロは考えて打てば勝てるハズ」と思い立ち、
自分なりに考えて立ち回っていた。

当時は、シフト制+2交代勤務の形態の会社に勤務していた為、
遅番勤務or休日は、
基本的に「ライトスター」店のモーニング狙いが立ち回りの軸であった。

※モーニングとは?

お店が予めボーナスフラグを立てた状態で開店するサービス。
当時は「打ち込み機」なる、
BIGのフラグが成立するまで自動で打ち込んでくれる機械があった模様。
(実際に見たことはないが、「音」は聞いた事がある)
一部店舗では、アルバイトスタッフや社員が自力で打ち込む店もあり、
たまにREGが揃う事もあったらしい(銀猿はREGに遭遇した事がない)

どんな店?

この時主戦場としていた「ライトスター店」を簡単に説明すると

・総台数70台弱程度の小さなパチスロ専門店

・駅前+繁華街で、客層のメインは夕方からのサラリーマン

・通路が異常に狭く、背もたれのない丸椅子の為、長時間打つのは苦痛以外の何物でもない

・8枚交換

・朝は11時まで交換不可

 

隙間を狙う

今思い出しても、何とも条件の悪い店舗であったが、
夕方からは、黙っていてもサラリーマンの方が来店してくれるので、
朝の稼働UPを狙って、モーニングを続けていたのだろう。

当時は既にモーニングを行っている店舗はかなり少なかったと記憶しているが、
その甲斐もあってか、開店前には若者を中心に10数人程度の並びがある店であった。

この店には、バッキバキにカスタマイズされたリズムボーイズが設置されていたし、
当時人気沸騰中のアステカも設置されていた。
その他はあまり覚えていないのだが、
大花火ニューパルサータコスロ花月エルビスなどが人気だったと思う。

そんな中、何故ドラキュラ7Aなのか?

それは「人気が無かった」から。

全ての機種にモーニングが入っている訳ではなかったが、
このドラキュラ7Aは不人気さも手伝って、
結構な確率でモーニングが入っていたし(お客をつけたかった?)
ライバルも少なく、カニ歩き(一台ずつ横に台移動してく事)も出来た為、
モーニングGET率が高かった。

その上、小役狙い&リプレイ外しの二大正攻法もバリ効きで機械割も甘いとくれば、
格好の狙い目であったので、朝イチは「まずはドラキュラ」が、
この当時の定番スタイルであった。

 

第2話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事