スポンサーリンク

 

 

 

2003年8月最初の一週間が終了。

結果は、3勝3敗 +149Kと上々。

初日の10万両勝ちが大きいが、内容自体も悪くないだろう。

ただ、先月も同じような展開だった。

その先月はここから大失速し、苦戦を強いられるハメになっている。

同じ轍を二度踏んではイケない。

気を引き締めて立ち回わらねばならない。

では、第517話をご覧ください。

 

 

自分自身を疑う

 

 

8月8日

昨日は稼働をお休み。

休み明けの今日は金曜日。

当然、N・E店から稼働スタート。

一週前は、推定設定5の猛獣王で10万両勝ちという大勝を飾っている。

「もう一丁!」

と、意気込んで出陣。

まずは猛獣王。

通い始めてまだ日は浅いが、既に10万両勝ちが二度ある機種。

今日も設定6を目指して打ち始めるた・・・のだが、事はそんな簡単には運ばない。

純ハズレを三回引いたものの、全て華麗にスルー。

仕方あるまい。

そう毎度、毎度上手くはいかない。

お次はスロッター金太郎。

猛獣王が駄目なら、二番手をコレと決めてきた機種。

ラッキー店で高設定台らしきを二度打っているので、高設定の挙動は少し掴んだつもり。

こういう経験は結構大事。

読みと感覚を武器に立ち向かう。

一点狙いで台を選択し、第二ラウンドの勝負開始。

初BIGは7K。

悪くない。

しかも、そのBIGでATゲット!

文句のない立ち上がり。

この時点では明るい未来が想像出来たのだが、こちらもそう簡単にはいかない。

この出玉が飲まれる直前に再度BIG。

ヒキが強くまたもやAT付き。

その後、またもや飲まれる直前にBIGを引くが、今度はATなし。

そして、今度は粘り切れず、遂に全ての出玉を飲まれてしまう。

う~ん。

持ちコインがあれば別だが、この展開では、コレ以上追いかける根拠がない。

飲まれたところが墓場。

金太郎を諦めて別の機種に活路を求める。

この後は流浪の旅。

高設定らしき台を打った経験のある機種を中心に、三機種ほど打ってみるが、いずれも手応えなし。

細かな負け積み重ねた結果、結構な負債になってしまい、完敗で今日の稼働は終了。

まぁ、完敗を喫する日もあるし、いつも、いつも上手くいかないのは仕方がないが、流浪の旅の中で、またもや「旋風の用心棒」を打っている。

しかも、一番負債が大きい。

本当に、この機種が好きだったんじゃないかと、自分自身を疑ってしまう。

そんな事ないハズなんだけどなぁ~。

 

 

店舗 機種 収支
N・E店 猛獣王 -6K
スロッター金太郎 -7K
野獣 -5K
旋風の用心棒 -10K
ネオマジックパルサー -2K

 

 

 

小計 月間計
-30K +119K

 

 

 

第518話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事