スポンサーリンク

 

 

 

よもやの惨敗を喫してしまい、月間収支がマイナスに転落。

日付は19日。

どうにも笑えない状況になってきた。

二ヵ月前にも、同じように引退の危機に直面。

コレは、本当に根本から考え直さなければならない。

では、第472話をご覧ください。

 

 

危機感を持ち

 

 

6月19日

短期間で再び訪れた危機的状況に、流石に「ヤバさ」を感じ取ったのか、この日はいつもと異なる行動に出ている。

朝イチに向かった先はK・M店。

初めて訪れるお店である。

厳密に言えば、初めて「打ちに訪れる」お店である。

時折、新規開拓の為、色々なお店を見て回る事がある。

その時に目星をつけておいたお店の一つが、このK・M店。

選択理由は三つ。

①花火がある

②花火が対象のイベントがある

③7.6枚交換

相も変わらず花火頼りなのだが、新店の傾向を探るには、減算値判別が可能な花火が最適。

低交換率のお店を選択したのは、ライバルが少ない事と「余計な可能性」を残さない事。

「6枚交換でこの機種のこの設定なら打てなくもない」とか、無駄に追いかけたくなる状況を視野に入れない事で、スパッ!と判断する。

開店前に訪れたのは当然初めてだが、並びは20人程度とまずまず。

今日は全体が対象のイベント日。

まさか、殆どが花火に流れる事はないだろう。

10時開店。

列の最後尾から入店し、花火のシマへ。

シマに到着すると、先客は一人。

ライバルが少ない事は良い事だが、朝イチからお客さんが少な過ぎると、それはそれで嫌な感じがする。

四の五の言っても始まらないので、一応は王道の「凹み台の上げ狙い」で台を選択し、携帯を投げ入れる。

初めてのお店なので、開店直後の状況を入念にチェック。

ここに何かヒントが隠されている場合も・・あるかもしれない。

特に気になった点もなく、台に戻り、いざ勝負開始。

K・M店初となるボーナスは、投資7KでBIG。

可もなく不可もなくと言ったスタート。

出だしが普通でも、判別が落ちてくれれば、それで万事OKなのだが、残念ながら結果は×。

まぁ、一台目からツモれるとは思っていない。

気を取り直して、次の台に移動。

二台目も凹み台を選択したが、コチラもダメ。

う~ん。

仕方あるまい、初めて来るお店なので、ここは腹を括って全台面倒見る勢いで打っていく。

そう覚悟を決めて続行すると、何の事はない、本当に全7台。

全て判別させられるハメになってしまった。

全部判別したと言う事は、お察しの通り、全て設定4以下だったと言う事。

調査に訪れた時は、履歴のボーナス確率がまずまずだと思ったのだが、目の前の出来事が現実。

これでは全く使えない。

人生、最初で最後のK・M店での稼働を終えた。

この後はいつも通り、原付に跨りボギー店へ向かい、ハイエナ待ち。

少し待って、巨人の星を打つ事が出来たが、結果は-4Kと負債を増やす結果に終わる。

危機感を持ち、打開に向けて動いてみたが、結果は芳しくなかった。

これで月間収支は-45K。

終焉へのカウントダウンが止まらない。

 

 

店舗 機種 収支
K・M店 花火 -9K
ボギー 巨人の星 -4K

 

 

小計 月間計
-13K -45K

 

 

第473話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事