スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

専業生活3年目となる、2003年に突入。

猛獣・ネオプラの低設定かもしれない台で運良く連勝を決め、なかなか良いスタートを切ったかに見えた2003年。

しかし前回、その全ての勝ち分をフッ飛ばす大惨敗を喰らってしまい、収支は一気にチャラ線まで急落。

1月は毎年苦労する月だと言うのに、一体何をやらかしてるんだか。

早めに立て直しておかなければ、後半アップアップになるぞっ!

では、第349話をご覧ください。

 

 

転落

 

 

1月6日

今日はE・T店からスタート。

昨年末から少し顔出すようになったお店。

それ程優良店と言う訳ではないが、お客さんも少なく、ギリ使える範囲のお店。

お客さんが少ない理由は、このお店が未だに7.6枚交換だから。

だが、僕は専業者なので、その低交換率を逆手に取る立ち回りが可能。

7.6枚交換ならば中間設定は無視。

狙いは設定6一本。

6狙いを外しての設定5がギリ許容範囲。

中途半端な状況ならスパッとヤメられる。

それも、低交換率のお店ならではの立ち回り。

選んだ機種は、またもネオプラ。

それ程勝率が高い機種でもないのに、よっぽど好きだったんだね。

如何にネオプラの設定推測が難しいとは言え、6しか見てなければ、それ程悩む事はなかろう。

狙いの一台を選んで勝負開始。

が。

6とは程遠い挙動を察知し、素早く撤退。

交換するコインがなければ、低交換率だろうと、サッサッと止められる。

原付に乗り、ボギー店へ移動。

極寒の街中を原付で移動するのは、なかなか厳しいが、コレも仕事のうち。

四の五の言わず、打てる台を探し求める。

キンキンに冷えた身体を、コーヒーで温めながら店内に入るも、打てそうな台は見当たらない。

まだ早い時間帯なので、それも仕方ない。

ここは、お隣のラッキー店で、暖をとりながらの待機策。

定期的にウロウロしてみるが、なかなか打てる台に巡り合えない。

コレがハイエナの最大の弱点だが、ここでシビレを切らすとロクでもない事態に陥りそうなので、グッと堪える。

待つ事3時間。

やっと座れた台は、ハイエナ台ではなく、設定狙いの台。

機種は、高設定確定札が刺さったアラジン。

しかも、ボギー店ではなく、7枚交換のラッキー店の方。

高設定確定札と言っても、お店の言う「高設定」なので、別に5・6が決まった訳ではない。

とは言え、機械割だけを考えれば、4でも十分打てるライン。

流石に3で「高設定」は謳わないと信じて勝負に出る。

しかし、結果から言えば、この判断は不発に終わった。

爆裂AT機なので、設定6以外は運の要素が多分に影響するし、終日打てた訳ではないので仕方ないが、負債を増やす事になってしまった。

立ち回り的にも今イチだったし、結果は完敗。

収支がマイナスに転落となってしまった。

 

 

店舗 機種 収支
E・T店 ネオプラネット -14K
ラッキー アラジン -17K

 

 

小計 月間計
-31K -29K

 

 

 

第350話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事