スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第117弾「キングキャメル」の登場です。

今では当たり前となった「アノ機能」を初搭載されたのが本機。

当時、かなり「斬新」だったのは間違いないのだが、人気の方はどうだったのだろうか?

個人的な印象は、正直「評判倒れ」だったと思うのだが・・・。

だが、色んな意味で、振り返り甲斐のある機種。

では、振り返っていきましょう。

 

 

基本情報

 

 

■メーカー

サミー

■発売時期

2003年9月

 

 

KB MB CC 機械割
設定1 1/1900 1/1150 1/227 94.4%
設定2 1/1670 1/1080 1/199 97.8%
設定3 1/1270 1/1060 1/173 102.2%
設定4 1/1000 1/1040 1/155 106.0%
設定5 1/960 1/980 1/141 109.3%
設定6 1/1000 1/680 1/126 119.9%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ

 

 

 

本機は、BIGとREGを搭載していない。

あるのはATのみ。

このブログで登場した機種で言えば、スーパービンゴやミリオンゴッドと同じ区分となる。

タイプとしては「Cタイプ」となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リール

 

 

 

本機最大の特徴の一つが「リール」

今では珍しくも何ともないのだが、本機は、通常の位置にあるリールが「サブリール」となり、演出専用。

ちなみに「ドリームリール」という名前がついてる。

このドリームリールは演出用だけあって自由自在。

ブルブル震えてみたり。

4コマ以上スベッてみたり。

挙句の果てには逆回転してみたりと、初めて見た時には、それはビックリした記憶がある。

キャッチコピーの一つに「21コマスベリ」と言うものがあったが、それはもう、スベリじゃねぇよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部システム

 

 

最初に書いた通り、本機は「評判倒れ」だったと思っているのだが、その最大の要因が、複雑過ぎる内部システムにあったと思っている。

なるべく簡潔に、分かり易く書くつもりだが、書いているうちに、自分自身が迷子になってしまった場合は、ご容赦頂きたい。

 

 

①本機はシングルボーナスが搭載されている

②そのシングルボーナスが10倍UPする、シングルの「集中」がある。

③「集中」は毎ゲーム抽選される(設定差があるが、6以外はほぼ一緒)

④「集中」に突入してもコインは増えないが、現状維持程度にまでコインが良くなる

⑤「集中」中は、毎ゲーム1/87.3でパンク抽選が行われる(パンクすれば、当然終了)

⑥「集中」中の、13枚役成立時に「AT抽選」が行われる

⑦「AT抽選」は「集中」中にしか行われない

⑧AT当選確率は、設定及び、滞在モードにより異なる

⑨モードは全部で4つ

 

はぁはぁ。

ここまででも、若干迷子気味である。

本当は、モードの説明や、チャンスゾーンの説明も必要かと思うが、自分が読み手だったら、恐らく最後まで読まないので、ここは割愛させ頂く。

凄~く簡単に言えば、まずは集中に当選(1/236~1/152)し、集中にAT抽選に当選しなければならない、

「二段階抽選」のAT機と言う事である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AT

 

 

めでたくATに当選した場合、突入するATは3種類ある。

「3種類のAT」は、任意で決める事は出来ず、内部的に決められる。

なので、猛獣王タイプではなく、野獣タイプ。

 

 

キャメルチャンス(CC)

最低5ゲーム継続。

ATパンクフラグ(1/8.82or1/85.33)を引くか、集中がパンクするまで継続する。

パンクフラグは、

1/8.82 = 93.75%
1/85.33 = 6.25%

と、ほぼ1/8.82なので、いとも簡単に終わる確率が高い。

 

 

ミドルボーナス(MB)

 

AT継続数20ゲーム。

平均獲得枚数は、約160枚。

REG的役割。

 

 

 

 

キングボーナス(KB)

 

 

AT継続数50ゲーム。

平均獲得枚数は、約400枚。

BIG的役割。

 

 

立ち回り

 

 

 

 

上記の説明を字面で追うと「どうやって勝つん?」と、思われるだろうが、その感覚は「正解」

機械割も高くなく、技術介入要素も低く、ハイエナも出来やしない。

だが、設定6だけは別で、安定的に高い勝率を誇っている。

本機の「肝」となる、集中の突入率が1/152と抜けて高い事がその要因。

機械割も高いので、設定6が「ある」と分かっている時や、自信がある時「のみ」狙える。

正直、それ以外では、打てる要素が見当たらない。

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事