スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

前回より、専業生活3年目となる2003年に突入。

初日は残念ながら「サクッ」と負けてしまい、良い所が無かった。

今回は、2003年初となる白星を狙う。

まずは一勝。

全てはそれから。

では、第347話をご覧ください。

 

 

本当の設定は?

 

 

1月3日

今日も朝からボギー店へ。

年末に差し掛かってから、一気に状況が良化している。

年末が良かったからと言って、年始も同じく良い状況とは限らないが、まだ期待は持てるだろう。

この日も最初に選んだのは猛獣王。

すっかりメイン機種となっている。

「兄貴」獣王と違いハイエナも効くので、打つ機会が「グンッ」と増える。

勿論、朝イチはハイエナではなく、設定6狙い。

お正月でお客さんが少し多いが、何とか狙い台のうちの一台を確保する事に成功。

2003年初白星を願って実践開始。

打ち始めると、すぐに純ハズレが降臨。

まずは最初の勝負所だが、コレはあっさりスルー。

二度目のチャンスは、BIG終了後40ゲーム目あたりで引いたREG。

先程と違い今度は高確なので、勝負度合いが強い。

「グッ」と目に力を入れ液晶を凝視し、回りに悟られない程度に気合いを入れてレバーを叩いていると、液晶内の獣たちがザワつき始める。

液晶以上にザワつき始めた心の内を、何とかなだめながら打っていくと、最後はヌーの大群演出経由で「A」マークを捕らえ、見事にサバGET!

二度目の純ハズレでサバ当選。

高確なので、まだ何とも言えないが、設定6の可能性も十分。

ここは三連がベスト。

息をのんで三連目を消化し終えたのだが、ドキドキする間もなく、僅か10ゲーム程で、15枚役ナビから四連目のサバがスタートしてしまった。

サバが連チャンして少々凹むのはこの瞬間だけ。

とは言え、設定6の否定の仕方としては最高の形。

この後は切り替えて、爆連に期待する。

すると、このサバが望み通り連チャン。

11連まで伸びてくれた。

出玉は十分確保。

初代のようにリセット狙いならここで撤退もあるのだが、今日はそう言う訳にはいかない。

大晦日の二日前に、推定設定5の台で万枚を出している。

ここは当然、夢よ再びで続行の一手だろう。

持ちコインがある事で、精神的に落ち着いて攻める事が出来たのだが、最終的に振り返ってみると、設定は微妙。

高確ハズレのサバHIT率から、設定5はほぼ無かったと思うし、サバの連チャン回数と、終日打って低確サバが無かった事から、設定4の可能性も低いと思われる。

だとすれば、3が濃厚なのだが・・・。

数値を照らし合わせると、ひょっとしたら、1だったのかも知れない。

「正解」を伺い知る事は勿論出来ない。

今日は、2003年初白星を奪取した事に満足しておこう。

 

 

店舗 機種 収支
ボギー 猛獣王 +68K

 

 

小計 月間計
+68K +56K

 

 

第348話に続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事