スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

八ヶ月目に突入したパチスロ専業生活。

ここまで、高設定奪取率は良くとも、ヒキの弱さに悩まされた前半戦。

普段打たないハードボイルドの一発から、花火の自己最高記録に繋がり、一気に収支を伸ばした連勝。

前回は、自身の判断ミスから大魚を逃す大失敗。

ほとんど花火しか打たない立ち回りでも、毎日スロットを打っていれば、日々色々とあるもんです。

季節はお盆真っ只中の8月中旬。

時期的には、設定が厳しくなっても不思議ではない季節。

条件が良いとは言えないが、しっかり結果を残してイケるだろうか?

では、第83話をご覧ください。

 

 

簡単に記録更新

 

8月15日

朝からファースト店へ。

前日の失態を引きずらない為にも、今日はキチンとした立ち回りで、シッカリと勝ちたい気持ちが強い。

まぁ、一度の負けで、次の日の気持ちの持ちようが変化してしまう事自体、勝負師としては「未熟」以外の何モノでもないのだが・・・。

いつも通り花火狙いからスタート。

前日は結局どの台が「当たり」だったのか分からなかった。

お盆真っ只中でもあり「5」が無い可能性は勿論あるのだが、ゴールデンウイーク期間中の事を考えても、ある程度は期待が持てるハズ。

まずは、定番の連日凹み台から攻めてみると、最近では最早驚く事もなくなった、一台目で判別合格。

昨日の事があるので、ここは安心の結果に安堵する。

だが、油断する訳にはいかない。

今月に入ってから、二つも自己ワースト記録を更新している。

もの凄く出てくれる必要はないので、確率通りにボーナスを引いて欲しい。

そんな願いが通じたのか、今日はスタートから快調に飛ばす。

コンスタントにボーナスを重ね「まさに高設定」という気持ち良い展開。

夕方にの時点では、先日更新したばかりの、自己ベストを早くも塗り替えるか?とも思われた。

・・・が、ここで塗り替えたのは「ベスト記録」ではなく「ワースト記録」の方。

ハマリもハマッたり、BIG間1,990プレイ!!

「ここまできたのなら、2,000超えろや!」

と、悪態をつけたのは、この大ハマリを喰らっても、トータル確率が上振れしていたから。

しかし、この瞬間は8倍ハマリだからね。

「確率」って、短いスパンで考えてたら、全く分からなくなるもんだ。

 

 

店舗 機種 収支
ファースト 花火 +56K

 

 

コメント
またまたやりました!
過去最高の大ハマリ!
花火の設定5で、BIG間1,990ハマリ!
・・・まぁ、その分連チャンしたので。
小計 月間計
+56K +313.5K

 

 

 

褒められたモンではないが

 

8月16日

今日も朝からファースト店。

狙いは前日の花火だったが、設定変更挙動を見せられた為、1Kでヤメ。

お次は、別の台の上げ狙いなのだが、ここ最近何故かやらかしてしまう「事前に思っていたのと違う台」を選択してしまい、なかなか設定5に辿り着けない。

少し遠回りした後、本命台を打つ事も出来たのだが、結局その本命台も判別不合格。

この時点で食指が動く台は全て判別終了。

結果としては全滅であり、自分の考えとしては、もう花火に根拠を持って打てる台は無い。

となれば、取れる選択肢はただ一つ「退店」である。

少々消化不良ではあるが、このままファースト店で粘る必要性は全くないので、ここは一旦帰宅する事に。

夕方。

ひと眠りし、睡眠不足を解消した後、再度ファースト店へ。

お盆期間中でもあり、稼働はまずまず良好だったので、いつもこの時間帯ではあまり回されていない台も、それなりの回転数を計上している。

そんな中、ちょっぴり気になったのは大花火。

ボーナス確率がアテになる機種でもないが、かと言って、他に拠り所とするモノがある機種でもない。

前日「確率」の怖さを再確認したハズなのに、少ない試行回数から得られた情報で台選択を決行。

コレは、今でも一概に「間違い」だとは思わないが、「正解」の立ち回りだとも思わない。

本来なら「確率」を後押しする、別の根拠があるに越した事はないのだが、そんなに都合良く条件が整う事の方が珍しい。

なので「仕方ない」選択ではあると思う。

一番良いのは、こう言った状況の為に、もう一つ・二つ、使える店をストックしておく事なんだけどね。

で、その大花火が珍しく快調に出てくれて、朝の花火の負債を取り返すには、十分な収支を上げてくれた。

こんな立ち回りで勝ってしまうから「楽」ばかり覚えるんだよ。

 

店舗 機種 収支
ファースト 花火 -15K
大花火 +30.5K

 

※一言コメントなし

 

 

小計 月間計
+15.5K +329K

 

 

第84話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事