スポンサーリンク

 

 

 

苦戦が続いた2003年1月も、今回で終了。

勝ち負けの幅が大きく、一喜一憂する事が多かった一ヵ月だった。

ネオプラ万枚や、猛獣王の天井爆勝などのお陰で、収支の方は何とか恰好がついた形。

だが、肝心の立ち回りの内容は、専業となって以来、最低の部類に入るお粗末なモノ。

自分の型が作る事が出来ず、行き当たりばったり感満載であった。

昨日見つけた新たなお店が、起爆剤となってくれれば良いのだが・・・。

では、第365話をご覧ください。

 

 

楽しいっ!

 

 

1月31日

本日も、昨日に続いてT・K店に朝イチから参戦。

初参戦となる昨日は、花火でお座り一発を決め、超絶久々に設定5をGET!

出玉の方も快調で、久しぶりに気持ちの良い勝ち方をする事が出来た。

やはり減算値判別の力は偉大だ。

当然ながら今日の狙いも花火。

昨日の様子だと、花火を積極的に狙うお客さんは少なそうだし、減算値判別の使い手は皆無と思われる。

設定さえ入れてくれれば、非常に戦いやすい環境なのかもしれない。

そんな事を考えていると、定刻10時。

おじ様・・・おじい様たちの後に続いて入店。

一目散に花火に向かうと・・・無い。

今日は花火に7並びの台が無い。

このお店に来るのは二度目なので、当然傾向は分からない。

しかし、無いものは無いのだから仕方がない。

取り敢えず、花火はスルーして他の機種を見に行く。

すると、他の機種には7並びのある台が何機種かあった。

どれが当たりの並びかは皆目見当もつかないが、フィーリングで一台を選んで台を抑えた。

抑えた機種は、ハイパージャグラー。

個人的にはジャグラー史上、最高の名機である。

減算値判別が使えないのは辛いが、昨日確実に高設定が投入されていた事実がある。

花火とジャグラーは違うかもしれないが、期待は持てる。

他の7並びの台もあらかた確認出来たので、まずは目の前のジャグラーを打ちながら、状況を見て立ち回ってみよう。

そう考えをまとめて打ち始めると、拍子抜けと言うか何と言うか、投資1K。

左下段BAR止まりから、右リールリプレイ非テンパイの、鬼熱目が停止。

左の目押しが正確なら「ほぼ」二確である。

中リールを「ネジネジ」してから指を離すと、後フラからのGOGOペカリ!

コレが見事BIG!

1Kキックで幕を開けた。

7.6枚交換のお店なので、少額でのボーナスは特にありがたい。

コレで少し気楽に回りの状況が確認出来る。

そう思っていたら、1Kキックから、イキナリのジャグ連が炸裂!

巷で言う所の「北電子独特の乱数取得方法により~」か、どうかは知らないが(当然、ただの確率の範囲内におけるムラである)、序盤から一気に出玉増やしてくれた。

こうなると、自分の打っている台が「当たり」の可能性も十分出てきた。

開始小一時間程度では判断出来ないが、期待度はグッとアップした。

その後もこのピエロはご機嫌さん。

スペシャルテンパイ音に、無音、そしてフリーズ炸裂と、楽しいったらありゃしない時間を提供してくれた。

終日、ほぼハマリらしいハマリに遭遇せず、約13時間を駆け抜ける事に成功。

終わってみれば、昨日の花火以上の勝ちを得て、1月最後の稼働を気持ちの良い形で終える事が出来た。

ジャグラーの楽しさを存分に味わえる一日となった。

 

 

店舗 機種 収支
T・K店 ハイパージャグラー +76K

 

 

小計 月間計
+76K +375K

 

 

第366話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事