スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第82弾「タイムパーク」の登場です!

山佐初となる液晶搭載機であった、タイムクロスの完全後継機。

偉大な兄を持つと、弟は・・・と、なる事が多いですが、本機はどうだったのでしょうか?

では、早速振り返っていきましょう。

 

 

スペック

 

■メーカー

山佐

■発売時期

2002年4月

 

 

BIG REG 機械割
設定1 1/303.4 1/585.1 95.3%
設定2 1/282.5 1/565.0 98.4%
設定3 1/268.6 1/512.0 101.7%
設定4 1/256.0 1/468.1 105.4%
設定5 1/244.5 1/455.1 109.3%
設定6 1/240.9 1/364.1 114.0%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 777@Nifty様

 

 

 

 

後継機

 

 

本機は、以前登場したタイムクロスAの後継機。

「ほぼ一緒」

以上です。

・・・は流石に乱暴やな。

タイプはA-400。

いわゆるAタイプ(ノーマルAではない、詳細は下記)で、BIGとREGのみで出玉を増やすオーソドックスなもの。

タイムクロス同様、液晶搭載機。

ボーナス確率は少し異なり、本機はREG確率が「グッ」と抑えられている。

その分が、BIGに上乗せされている設定もある。

(設定1と4は同じ、2と3と6はUP、5はDOWN)

 

 

タイムクロスとの違い

 

 

前作、タイムクロスとほぼ同じゲーム性の本機。

基本的な流れも同じなのだが、勿論、異なる点もいくつかある。

 

プチストック(RT)

 

一番大きな変更点は、プチストックが搭載された点。

「ストック(RT)」と言っても、キンパルネオプラとは異なり、ほぼ演出用だと考えて貰えればOK。

ストックタイム(RT)は5or20ゲーム。

曲りなりにもストック機能が搭載されているので、このストックタイム(RT)中にボーナスを引けば、めでたく1ゲーム連が発生。

ちなみに、純ハズレやチェリーで「解除」される為、突然変なタイミグで確定演出が出て、ビックリする事もあり、そう意味でも、ゲームを盛り上げるのに一役買っているとは言える。

 

エクストラステージ

 

前作にはなかった「エクストラステージ」が搭載されているのも、大きな変更点。

突入しただけでボーナス成立の期待度が「ググンッ!」と高まる、正にエクストラなステージ。

普通のAタイプだと、ステージが移動した瞬間の出目や、少なくとも次ゲームでボーナス成立の有無が分かってしまうが、そこは上記のプチストックタイムがミソ。

すぐに答えが分からない為、ドキドキ感が継続する。

しかも、長い方だと20ゲームもある為「アカン?いや、まだストックのゲーム数残ってる?」と、楽しみながら打つ事が出来る。

この辺は山佐らしく、よく考えて作られていると思う。

 

 

ウィンちゃんが成長している

 

前作より、ウインちゃんがおっきくなっています。

だから?

それが?

いや、芸が細かいなぁ~って

 

 

攻略ポイント

 

 

タイムクロス同様、攻めどころが難しい台ですが、滞在ステージを使って設定の据え置きor変更の推察は可能。

前作の原始時代ステージに相当する、ウォータスライダーステージは完全告知ステージ。

このステージは、滞在ゲーム数が決まっていた為、設定推測が可能でした。

また、このステージのみ、上記したストックタイム(RT)に突入しないので、ヤメ時としても使えました。

 

 

まとめ

 

 

稼働日記本編では、あまり面白くなかったかのように書きましたが、決してそんな事はなく。

完成度も高く、前作から少しスパイスを加え、新たなゲーム性を提供してくれた、秀作だと思います。

あくまでも「タイムクロスを初めて打った時」と比べると、インパクトがそれ程でもなかった、と言う事です。

この辺は、全ての「後継機」が持つ、ジレンマではないでしょうか?

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事