スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第113弾「アントニオ猪木という名のパチスロ機」の登場です。

あまりにタイトルが長いので、稼働日記の中では「初代猪木」としましたが、正式名称は上記通り。

言わずと知れた名プロレスラーをキャラクターに採用した本機。

初登場以来いくつものシリーズが発売されているように、大人気シリーズとなった訳だが、その元祖が本機。

この初代も大人気だったけに、多くの方が記憶に残っているでしょうが、今一度どんな機種だったのか、早速振り返って参りましょう!

 

 

基本情報

 

 

■メーカー

平和

■発売時期

2003年1月

 

BIG REG 機械割 AT
設定1 1/439 1/936 95.9% 1/537
設定2 1/439 1/910 98.5% 1/445
設定3 1/439 1/885 101.5% 1/368
設定4 1/439 1/851 107.2% 1/285
設定5 1/425 1/809 113.2% 1/237
設定6 1/356 1/720 119.9% 1/187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ

 

 

 

本機は、通常のボーナスとなるBIGとREGの他に、AT機能を搭載。

BIGは約400枚程度獲得出来る為、A400+ATというタイプ。

またAT機能は「爆裂」と言って過言ではないレベルなので、いわゆる、爆裂AT機という括りとなる。

この辺りは説明不要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

王道

 

 

 

上記通り、本機は爆裂AT機な訳だが、その中身はまさに王道。

この当時、市場はどちらと言うとストック機隆盛の時期。

一世を風靡した爆裂AT機に代わり、多様なゲーム性を擁していたST機がホールの主役になっていたタイミング。

そんた時に出てきた「王道」の爆裂AT機が本機。

獣王サラ金アラジンのサミー三羽烏の他、コンチゴッドと爆裂AT機は沢山あったが、本機が最も近いのはサラ金だろう。

但し、本機特有のオリジナリティもしっかり兼ね揃えており、アントニオ猪木と言う、個性の強いキャラクターを上手に使った事も、大ヒットにつながった大きな要因だった。

 

 

 

闘魂チャンス

 

 

ここからは、本機の肝であるAT(闘魂チャンス=以下TC)について。

なるべく簡素化して書くつもりだが、長くなってしまったらご勘弁。

 

 

 

抽選状態

 

低確と高確が存在。

BIG終了後50ゲームは高確固定で、51ゲーム以降から転落抽選が行われ、約1/25で転落。

平均高確ゲーム数は75ゲーム。

また、通常時のベル成立時にも高確移行抽選が行われる。

確率は低いが、設定1でも1/651なので、普通にお目にかかるレベル。

平均滞在ゲーム数は15ゲームと短いが、一日打てば累計ゲーム数はそれなりのゲーム数になる。

高確移行率は設定順で、設定1が一番低く、設定6が一番高い。

言わずもがな、低確よりも高確の方が、TCに当たりやすく連チャンしやすい。

 

 

基本仕様

 

セット数は、

1セット「5(25.93%)・10(50%)・20(21.02%)・50(3.05%)」

このゲーム数は、シングルボーナスの当選回数によるので、サラ金タイプ。

純増枚数は、1ゲームあたり約11枚。

連チャン&上乗せありで、最大30連。

 

 

抽選契機

 

 

 

抽選契機は多岐に渡る。

ここではかいつまんで概要だけ。

・純(弱)ハズレ

メインルート。

低確からは期待薄

設定1の高確で1/5.88。

設定6の高確で1/2.4。

当選確率は、設定に比例するので、偶数・奇数による逆転はない。

 

・REG

猛獣王同様、REGが成立した時も抽選を受けられる。

ここも単純に低確<高確であり、設定1<設定6。

 

・6択正解時

本機のREGボーナスは、8回のJACゲームの内ラスト3回は押し順が出ない。

この6択に勘で正解する事が出来ると、TCの抽選が、REG成立時とは「別」で受けられる。

しかも、一度当選しただけで、設定1で1/3.6。

設定5&6においては、1/2で当選するので激熱。

6択って、ハードル高いけどね~。

 

・シングルボーナス(ナビ無し)時

REG時同様、シングルボーナス(ナビ無し)時にも、6択の押し順に正解すると、TCの抽選が受けらる。

当選確率はREG時と同じ。

こちらは一度しかチャンスがないので、より難しいが・・・。

上記以外にもTC確定となる抽選契機がある。

以下は、全て出現した時点でTC確定。

 

・強ハズレ(BIG中100ゲーム間にしか出ないレアハズレ)

・BIG中強ハズレ(1/1702)

・REG時6択を2回以上成功

・天井

 

後、左リール中段チェリー出現時も確定だった気がするのだけれど・・・記憶が定かではない。

 

 

連チャン回数

 

 

突入契機は多いが、連チャンが期待出来る経路はそれ程多くない。

まずまずの連チャンが期待出来るのは、

 

・高確からの純ハズレ

・BIG中強ハズレ

・REG時全て成功

・道演出(後述)

 

と、言ったところ。

 

 

 

 

闘魂注入

 

 

REG時のジャックゲームが熱いのは上記の通り。

そのジャックゲーム時に、押し順をナビしてくれる激熱演出が、この闘魂注入。

押し順に正解すれば、TC突入率が上がるor確定な訳だから、その熱さが伺い知れよう。

ナビの回数は殆どが一回。

二回でも相当珍しいが、三回となると激レア。

この闘魂注入にも、高低の概念があり、高確の方が発生率が上がる。

設定1~5では、低確時は3~5%とかなり低いが、高確となると、30~50%と跳ね上がる。

なお、設定6には高低の概念がなく、どちらでも常に50%の確率でナビが発生する。

 

 

 

道演出

 

 

本機最大の激熱演出と言えば、この道演出。

28秒間に渡るロングフリーズが発生し、猪木氏の「詩」である「道」が朗読される。

発生条件は、強ハズレ・BIG・REG当選時の1/20で、全設定共通。

この時、REGor強ハズレの場合は、ジャック消化時のナビが2回(90%)若しくは3回(10%)が発生するので、TCが確定!

最低10連が保証され、平均連チャン数は12回。

熱い!

 

 

立ち回り

 

 

基本的には、設定6狙い一本だろう。

上記通り、REG時のナビ発生率を頼りに、設定6を探すのが基本だと思う。

思うが。

コレをヒラで行うのは結構厳しい。

そもそものREG確率が低いので、読みが入ってないと「取り敢えずREGを3回引いてから考える」って、訳にはいかない。

最低でも、必ず設定6が投入されているという確信がないと難しい。

演出も面白く、爆発力もあるので、もっと打ちたかった機種だが・・・。

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事