スポンサーリンク

 

 

 

年が明けて以来、大きなピンチに襲われている訳ではないが、どうにも伸び悩む稼働が続く。

勿論、去年の印象が強過ぎるが故に、不満を感じてしまう部分もあるのだろうが、それを差し引いても、やはり「今イチ感」は拭えない。

今年も1/3が経過。

そろそろ、立ち回りを考える必要があるのだろうか?

では、2005年五月の稼働をご覧ください。

 

 

立ち回り

 

 

「立ち回り方を考える必要があるのだろうか?」

と、書いたが、立ち回りにさほどの変化はない。

メインは北斗であり、コレが揺るぐ事がない主軸。

クレオフイベントの活用も変わらず。

変更点としては、その他の高設定狙いの台が、花火からニューパルサーに代わったこと。

自宅から遠いが、7.6枚交換でニューパルに高設定を使っているお店をみつけたので、この月に数回通ってみた。

後は、ハイエナ。

吉宗銭形の711枚コンビを軸に、鬼浜も打つようになっている。

考え方や動き自体に変化はないが、お店選択や、機種選択が微妙に変化した一ヵ月だった。

 

 

新機種

 

 

今月打った新機種はなし。

このパターンも慣れてきた。

自身の性格を考えれば「普通」の事なのかもしれない。

自己紹介に書いたように、ギャンブル好きなクセに、妙に安定志向が強い。

未だに買う馬券種は「単勝・複勝・馬連・ワイドだけ」だものね。

 

 

展開

 

 

今月の出だしは、特に苦しかった。

初日に-39Kと敗戦スタートとなると、6日までの6戦で、1勝5敗と散々。

その1勝も、パチンコで+6Kとショボいにも程がある勝利で、-95Kと厳しい立ち上がりとなった。

この月初めてまともに勝ったのは、7日、ボギー店の北斗で掴んだ設定5。

コレが+91Kと頑張ってくれたお陰で、収支を一気にチャラ線にまで持ってくる事が出来た。

だが、この勝利の後も波に乗れず、またもや4連敗を喫する。

しかも、この4連敗で抱えた負債が-108K。

トータル-114Kと、6日終了時点より、更に収支が悪化してしまった。

この窮地を救ってくれたのは、いつもの北斗ではなく、鬼浜爆走愚連隊。

クレオフイベントでオフ台を掴むと、コレがどうやら設定5だった模様。

BIG比率に助けられたり、鬼メーター解除に助けられたりで、+109Kと、今月初の10万両オーバー。

コレにて、再度収支がチャラ線まで戻ってきてくれた。

ここからが肝心なのだが、今度は、何とか流れに乗る。

16日に、ニューパルの設定5(減算値判別合格)で、+30Kと渋く勝利を掴むと、17日には、ファースト店の北斗設定5で+52K。

続いて19日も、ファースト店の北斗で設定5を掴み、今度はラオウを二度昇天させ+190Kと万枚到達。

翌20日も、ファースト店の北斗設定5で+68K。

21日にチョイ勝ちを挟み、22日は吉宗ハイエナ+αで+74K。

24日は鬼浜のハイエナでチョイ勝ちし、14日から8連勝を飾る。

苦しい立ち上がりだったが、この時点で+400Kを超え、収支的には楽になった。

残りの一週間もソツなく立ち回り、鬼浜と北斗の活躍により、収支を伸ばしてフィニッシュする事が出来た。

 

 

収支

 

 

13勝11敗 +522K

立ち上がりはどうなるかと思ったが、終わってみれば、今年一番の成績で終えられている。

まだ低いが、一応、勝率も5割は超えた。

来月以降も、この調子でイケれば、全体的には悪くない数値が残せるハズ。

 

今月の機種別収支ベスト3は、

 

一位 北斗の拳(+291K)

二位 鬼浜爆走愚連隊(+203K)

三位 吉宗(+24K)

注目は、二位の鬼浜だろう。

ここ数ヶ月、北斗以外でこれだけ収支を伸ばした機種はない。

設定5の一撃10万両オーバーが効いているが、それ以外でも+100K程積んでいるのだから、十分な成績。

続いてはワースト機種。

一位 主役は銭形(-11K)

二位 スーパービンゴ(-4K)

三位 闘神雷電花田勝(-3K)

ワースト機種については、それ程気になる点はない。

そもそも、大きく負けている機種がないのだから、注目するポイントもない。

勝率5割チョイで、+500K以上勝っている=マイナスAVが低いのだから、この結果も当然と言えば当然。

 

光明が差した一ヵ月だった。

来月も、コレを続ける事が大切。

三ヶ月続けば本物だ。

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事