スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

2001年1月元日より始まったパチスロ専業生活も、今回より十ヶ月目に突入。

2001年10月に入ります。

8月下旬より、メイン機種である「花火」の設定状況が悪化。

他店のイベントの活用や、ファースト店でも他機種に活路を見出すなど、暗中模索しながら乗り切った9月。

多分に「ヒキの強さ」に助けられた感は否めなかったものの、収支の方は上出来と言える結果。

9月の最終二日間は花火の設定5を掴んでおり、僅かながらに光明が差してきただろうか?

では、第102話をご覧ください。

 

自己記録更新

 

10月1日

朝からファースト店へ。

今日の狙いは花火・・・ではなく「獣王」。

この店の獣王は全部で10台あるのだが、この日は「狙い」が絞りやすい状況。

自分の中では、それなりの自信を持って「コレ一択」と思える。

ここまで、ファースト店に獣王が導入されてから、全く手を出していなかったが「見た目の出玉」は上々。

設定6の存在も確認しており、優良店の面目躍如と言ったところ。

勿論狙いは設定6だが、当然ながら、毎日毎日「いる」訳ではない。

今日は「自信の狙い」なので、高確ハズレ3回までは頑張ってみるつもり。

月曜日でもあり、何とか狙い台を無事確保。

まずは獣王恒例「朝イチのランプ確認」を行い、高確スタートを確認して意気揚々と実践開始。

この高確スタートでは純ハズレを引く事が出来なかったが、程なくしてBIGを引き、再度高確状態に。

すると、この初BIG後の高確中に、本日最初の純ハズレを引く。

ここは運命の分かれ道。

コレでサバチャンに突入しなければ、設定6は勿論、設定5の可能性も「グンッ」と下がる。

純ハズレを引いて数ゲーム、固唾を飲んでドットに注目していると、何やら騒がしくなってきた。

良い感じに演出が重なり、期待感が増した所で、第一リール停止時にライオン登場から、見事サバチャン当選!

得も言えぬ高揚感が沸き上がり、あの軽快なサバチャンサウンドが五感を刺激し、否が応でもテンションが上がっていく。

ここは3連が最も嬉しい状況であり、次いで単発がまずまず。

共に設定6の期待度が増す。

特に3連は熱い!

しかし、ここは連チャン数は失念したが、3連以上続いたと記憶している。(確か、5or7連)

コレにて設定6の可能性はかなり低くなってしまったが、まだ設定5や4の可能性は十分。

しっかり持ちコインも出来たので、当然の続行。

この後は、一進一退の攻防が続き、コインは微減と言ったところ。

ここまでのサバ突入率から「高設定」である可能性は極めて高くなっており、ここまで低確から突入していない事から「どちらかと言うと」設定5の可能性が高いと推察。

設定予想が当たっているとすれば、大連チャンに期待を寄せてしまうのは、人情と言ったところだろう。

そして、その瞬間は18時過ぎに引いた高確ハズレから始まった。

この日何度目かの高確ハズレからサバに突入すると、そのサバチャン中に、立て続けに高確ハズレを引く!

すると、最初のサバ連開始から数えて、5連を超え、15連を超え、20連を超え、遂には先日引いた25連を超えた。

そして、30連を超え、最終的には37連まで伸びた。

残念ながら、AT10の割合が多すぎた為万枚には届かなかったものの、月初から圧勝と、最高のロケットスタートを切った。

 

 

店舗 機種 収支
ファースト 獣王 +96.1K

 

 

コメント
ついにファースト店「獣王」初打ち。
ここで自己新となるサバ37連炸裂!
AT10が多すぎて万枚は逃しましたが、
快調なスタートを切れました。
小計 月間計
+96.1K +96.1K

 

 

第103話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事