スポンサーリンク

 

 

 

高設定奪取を含む、ご機嫌な三連勝で幕を明けた2003年7月だったが、二日間で-119Kと、目を覆いたくなるような大敗を連日喫してしまい、収支が一気に急降下。

余裕を持って戦えていたハズが、ほぼチャラ線に。

過ぎた事は仕方ない。

気を取り直して、一からやり直しだ。

では、第490話をご覧ください。

 

 

癒して貰おう

 

 

7月9日

昨日は所用の為、稼働はなし。

そして、休み明けの今日も午後まで所用。

本当ならば連休を取るのが普通なのだが、連敗の影響もあり、少し気持ちが落ち着かない。

中途半端な時間に用事を済ませてしまったので、近隣を中心にお店巡りをする。

この時間からなので「ガツン」と勝負する気は毛頭ないが、打てる基準をクリアしているハマリ台があれば、勿論喜んで打つつもり。

原付に跨り、一軒、また一軒とお店を見て回る。

「ピンッ」と来るお店はなかったが「機会があればまた今度」と思えるお店はチラホラ。

こういった地味な作業は結構大事。

自分の稼働が詰んでしまわない為には、使えるお店、使える台という「手駒」は、多いに越した事はないのだから。

打てる「パチスロ」が特に見当たらない中、何件目かに訪れたE・T店で足が止まる。

視線の先には、パチンコ台。

しかも羽根モノ。

機種の名前は「ビッグシューター」

「う、打ってみたい」

 

このブログを長くご覧頂いている方はご存知だろうが、銀猿は羽根モノや一般電役機と言った、レトロなパチンコ台が大好きである。

昔のビッグシューターと比べられるモノではないだろうが、少し触ってみたくなるのは、最早「仕方がない」と言える。

連敗で傷ついた心を癒す為にも(どんな理由やっ!)、ここは少しでもレトロな雰囲気を味わい、まったりしたい。

要は、我慢出来なくて何の理由もなくパチンコを打った訳だが、コレがまずまず楽しめた。

8R時代の、あの「名機ビッグシューター」とは比べられないが、この時のビッグシューターも、コレはコレで楽しめた。

何度か当たりを引き、希望通り、癒して貰った。

結局、数時間遊ばせて貰い、ビッグシューターは終了。

癒して貰ったのみならず、+2Kのおまけ付き。

ホッこりしながら、E・T店を後にする。

この後も何軒か調査を続行。

そして最後に、ラッキー&ボギー店を訪れ、ボギー店で巨人の星を一台消化。

地味に+5Kと収支を上乗せし、この日は終了。

連敗後の休み明け。

良い気分転換になったよ。

 

 

店舗 機種 収支
E・T店 ビッグシューター +2K
ボギー 巨人の星 +5K

 

 

小計 月間計
+7K +27K

 

 

第491話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事