スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

十一ヶ月目に突入したパチスロ専業生活。

11月に入ってからかなりの苦戦を強いられてきたが、前回、大勝ち二連発を炸裂させ、何とか窮地を脱する事が出来た。

イベント頼みの立ち回りだが、勿論、コレが駄目な訳では全くない。

ただ、自分の望んでいたスタイルとは違うだけ。

とは言え、勝てない立ち回りに拘っていても仕方がない。

こちとら、一ヵ月でもマイナスを刻めば即引退の身。

打ち続けたければ、勝ち続けるしか他ないのである。

収支的には一応回復はしたが「生活」を考えれば、この程度では当然満足出来ない。

更なる勝利の積み重ねが必要となる。

では、第121話をご覧ください。

 

無理はしない

 

11月18日

今日は通常営業のファースト店に、朝から出勤。

日曜日でもあり、目ぼしいイベントを行っている店もなかったので、ファースト店で花火判別の旅に出る予定。

大きな勝ちを二つ重ねた事で、収支は一気に改善。

しかし、ここで調子に乗った立ち回りをし、無駄な大敗を喫してしまっては、せっかくの連勝が色褪せてしまう。

今日は固く立ち回り、ファースト店の現状を確認する意味合いを込めて動くつもり。

食指が動く花火は3台。

それとプラスして「薄いながら打てそうな台」も3台ある。

ファースト店の花火に対するスタンスを知る為にも、余程酷い負債を抱えない限りは、予定の6台を全て判別する。

まずは、自分の中の期待度が最も高い台から打診を開始するが、あえなく不合格スタート。

そして、二台目、三台目と、食指が動く台を全部判別してみたが、結果は全滅。

しかしながら、この時点での収支は+8Kと、幸いにも勝っている。

この状況なら予定通り次に進めるので、期待度は下がるが、一応打てる台である、残り三台の判別にとりかかる。

後半戦に入っても、ボーナスの引きは快調。

労せずしてBIGが引けるし、判別プレイの前にボーナスを重ねる事も出来た。

だが、肝心の判別は全く合格する気配がなく、結局、残りの三台も全滅という残念な結果に終わってしまった。

コレが現状のファースト店の花火の状況と言う事だろう。

もう少し、様子を見る必要がありそうだ。

 

店舗 機種 収支
ファースト 花火 +19.1K

 

 

※一言コメントなし

 

小計 月間計
+19.1K +115K

 

 

 

この店でソレ打って大丈夫?

 

11月19日

この日は朝からエル店へ。

イベント内容の詳細はハッキリと覚えていないのだが、AT機を対象にしたイベントだったハズ。

この店でAT機を打つのはどうか?とも思うが、獣王もある事だし「まさかの6」を狙いつつ、リセットの恩恵が受けられればの気持ち。

相変わらず並びらしい並びはなく、開店2分前に到着しても先客は3名ほど。

余裕で獣王は取れそうだ。

入店し、獣王のシマへ向かうが、何故か向かったのは僕一人。

「大丈夫?」

と、とっても不安にはなったが、来た以上は打つしかない。

稼働が元々少なく、凹み台狙いもクソもない履歴だが、雰囲気で一台を選んで実践開始。

恒例のデモフラッシュ確認を行うと、ここはしっかりと高確スタート。

打ち始めて間もなく、運良く高確中に純ハズレを引いたものの、ドットは恐ろしい程静けさを保っており、サバ非当選。

この台を皮切りに、全部で3台打ってみたが、当然の設定6はなし。

そしてラッキーパンチのサバもなし。

が、BIGをやたら引けたお陰で、収支はチョッピリプラス。

「さて」

元々が「万が一」狙いのような立ち回りなので、これ以上打つ必要もないのだが、店内を巡回すると「サイバードラゴン」が入っていた。

あの山佐が作ったAT機である。

山佐好きの僕としては、非常に気になっていた台。

一度触ってみたかったのだが、エル店で打って大丈夫だろうか?

とは言え、曲りなりにもAT機がイベント対象。

ここは「深追いしない」と決めて、少し触ってみる。

恐る恐る打ち始めると、7KでBIG。

あまりよく分からないまま打ち進めるが、ATには全く入らない。

その後、運良く持ちコインでBIGを3回引いたものの、最後までATには突入しないまま、全てのコインを飲まれてしまった。

別に傷は深くないが、コレ以上打っても良い事が全くなさそうなので、ここは逃げるように退店。

結局、なんとも実りの無い一日にしてしまった。

 

 

店舗 機種 収支
エル 獣王 +3.1K
サイバードラゴン -7K

 

 

※一言コメントなし

 

 

小計 月間計
-3.9K +111.1K

 

 

 

第122話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事