スポンサーリンク

 

 

こんばんは、銀猿です。

3回目となる負け組救済プロジェクト。

今回から具体的な内容に入っていきます。

まずは前回お伝えした内容の中から「基本」の部分について書いていきます。

しかし、今回の内容は、

「ゴルァっ!銀猿!人をバカにすんのもエエ加減にせぇよっ!」

と、お叱りを受ける事請け合いです(苦笑)

が。

世の中には、コレが「解らず」にパチンコ&パチスロを打っている人が、まぁまぁの数います。

僕の回りにも少なからずいます。

そして「知っている」だけでは駄目なんです。

「解らない」と。

「知る」と「解る」については、個人的な見解があり、また後日書きます。

ともかく今日は、基本中の基本からいきます。

では、参りましょう。

 

 

大当たり確率は?

 

皆さんに質問です。

ここに四角い箱があります。

箱の中には、白い玉が9個、赤い玉が1個入っています。

赤い玉を引けば「当たり」だとします。

「当たる」確率はいくらでしょう?

小学生の教科書に出てきそうな算数の問題です。

答えは勿論「1/10(10%・1割)」です。

「バカにしてんのかっ!」

と、言われるかもしれませんが、コレが解けない大人がいたりします。

日本の義務教育を受けているにも関わらず、です。

ただ、僕はバカにしたい訳ではありません。

確認したいだけです。

もし解らなかった方がいらっしゃいましたら、お伝えしておきます。

この問題が解けないのであれば、選択肢は二つ。

 

①パチンコ&パチスロを今すぐ止める

②理解出来るようになる

です。

100%に近い方が正解出来たと思います。

では、次の質問に参ります。

 

 

大当たり確率は?2

 

では、箱の中の玉を一度引いて、白い玉が出たとします。

残念ながら結果はハズレです。

この時、白い玉は箱に戻さず、横に置いておきます。

質問です。

次にもう一度箱の中から玉を引いた場合、赤い玉を引く(当たる)確率はいくらでしょう?

・・・大丈夫ですか?大丈夫ですよね?

答えは勿論「1/9(約11.1%・1割1分1厘1毛・・・)」です。

箱の中の玉の総数が9個であり、そのうちの1個が赤い(当たり)なのですから、当然です。

では、再度白い玉を引いたとし、その玉を横に置いておきます。

質問です。

次にもう一度箱の中から玉を引いた場合、赤い玉を引く(当たる)確率はいくらでしょう?

・・・大丈夫ですか?大丈夫ですよね?

答えは勿論「1/8(12.5%・1割2分5厘)」です。

箱の中の玉の総数が8個であり、そのうちの1個が赤い(当たり)なのですから、当然です。

コレを繰り返していった結果、9回連続で白い玉を引いたとします。

10回目に赤い玉を引く(当たる)確率はいくらでしょうか?

大丈夫ですね。

答えは勿論「1/1(100%・10割)」です。

ここまでOKでしょうか?

大多数の方が大丈夫だと思います。

ただもし、この内容が解らなかった方がいらっしゃいましたら、お伝えしておきます。

この問題が解けないのであれば、選択肢は二つ。

 

①パチンコ&パチスロを今すぐ止める

②理解出来るようになる

です。

では、次の質問に参ります。

 

 

大当たり確率は?3

 

 

では、今度は白い玉を引いた場合、その玉を箱に戻す事にします。

白い玉9個、赤い玉1個の中から白い玉を引いた場合、その白い玉を箱に戻し、再度箱から玉を引きます。

このルールで永遠と繰り返していきます。

ここで質問です。

では、10回目に赤い玉を引く(当たる)確率はいくらでしょう?

・・・大丈夫ですか?大丈夫ですよね?

答えは勿論「1/10(10%・1割)」です。

では、38回目に赤い玉を引く(当たる)確率はいくらでしょう?

・・・大丈夫ですか?大丈夫ですよね?

答えは勿論「1/10(10%・1割)」です。

では、87回目に赤い玉を引く(当たる)確率はいくらでしょう?

・・・大丈夫ですか?大丈夫ですよね?

答えは勿論「1/10(10%・1割)」です。

そうです。

白い玉を毎回箱に戻す場合、赤い玉を引く(当たる)確率は、常に「1/10(10%・1割)」です。

1回目に引こうが、20回目に引こうが、その瞬間に赤い玉を引く(当たる)確率は「常に同じ」と言う事です。

コレは知っている人が殆どでしょう。

そして、解っている「つもり」の人が多いと思います。

よく聞きませんか?

「コレがけハマッているのだから、そろそろ当たる」

「アレだけ出たのだから、もう出ない」

コレ、感情、心情としては分かります。

でも、間違っています。

勿論、天井を搭載している機種やリセットモーニングがあるような機種では別ですが「基本的な考え方」として見て下さい。

ここで想定しているのは、パチなら海、スロならジャグです。

ここで再度質問です。

箱の中の玉の数が常に、白い玉が9個、赤い玉が1個ならば、いつ何時玉を引こうとも、赤い玉を引く(当たる)確率は、「1/10(10%・1割)」ですと言い切れますか?

もし、言い切れない方がいらっしゃいましたら、お伝えしておきます。

この問題が解けないのであれば、選択肢は二つ。

 

①パチンコ&パチスロを今すぐ止める

②理解出来るようになる

です。

まとめ

分数やら%やらが出てきましたが、内容は小学生レベルです。

これは基本で、ここからドンドン難しく・・・なりません。

パチンコ&パチスロで負けない為に必要な算数の知識なんて、コレだけで十分です。

正規分布やら標準偏差やら、統計学の知識なんて必要ありませんん。

勿論、数学や統計学の深い知識がある事がマイナスにはなりませんが、その知識がないと勝てない訳ではありません。

ただし、今日の内容が頭で解っていても、腑に落ちない方は、残念ながら勝てるようになる可能性は低いと思います。

パチンコやパチスロではなく、他の事に時間やお金を使う事をお薦めいたします。

逆に理解出来た方は大丈夫です。

第一段階はクリアしました。

先に進みましょう。

 

負け組救済プロジェクトⅣ

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事