スポンサーリンク

 

 

こんばんは!銀猿です。

ここまで、パチンコ・パチスロで回収率を上げる為には、

・ボーダー以上に回る台

・高設定台

・期待値100%超えが、目に見えて分かる台

を打つことで、勝つ確率を高め、

・途中交換をせず

・会員カードを作る

 

ことで、無駄な負けを減らそうと言ってきました。

今回は、具体的に何をすれば良いかをお伝えします。

 

記録する

 

具体的に何をすれば回収率が上がるのか?

早速結論から申しますと、

 

「記録する」

 

ことで、回収率の上昇が見込めます。

はぁ?という方が多いと思いますが「記録する」ことは、とても重要なんですよ。

 

 

何を記録するの?

 

記録するものは2つだけです。

 

1.収支

 

コレはど定番というか、コレが無ければ始まりません。

「回収率を上げる」にしても、今の回収率が分からなければ、上がったかどうか分かりません。

収支表は必ずつけて下さい。

必ずです!

必須です!

絶対です!

「負け続けるとつけるのが嫌になる」

と、言う声を聞きますが、ソレで良いんです。

負けが続いた時に、

「こんなに負けるのなら、もうパチンコ・パチスロをヤメたい!」

と、思ったのならば、スパッとヤメても良いじゃないですか。

パチンコ・パチスロ以外にも楽しい遊びや、趣味は沢山ありますよ。

一番ダメなのは現実を見ずに、いらずらに負けを重ね続けることです。

自分の負け額(回収率)を確認し、そこから何とか負けを減らす、勝ちに繋げる方法を考え、行動を変えていく。

そうする事でしか、継続的な回収率の向上は見込めません。

 

2.自分の行動

 

ここでいう「行動」とは、パチンコ・パチスロを打つにあたり、自分の判断基準や、考えを指します。

分かりづらいとと思いますので、例えばで書いてみます。

 

昨日は、自分がテリトリーにしているお店の中から、P店を選択。

理由は、ライターさんの来店実践があり、ライターさんを呼んだ時のP店は高設定が多いから。

入場抽選番号がそれ程良くなかったから、AT系の6狙いは諦めて、前回同じライターさんを呼んだ時に全台5&6ぽかったマイジャグⅣを選択。

前半戦はブドウは今イチだったけど、単独のボーナスが多かったのと、REGがよく引けていたので「当たりかな?」と、思って続行。

だけど、だんだん単独も引けなくなってきて、出てくるのは重複のBIGばかりの展開になっちゃって(汗)

結局、16時過ぎにアプリの判定で低設定濃厚になったから撤退。

その後、明らかに全台系だったマイジャグⅢと、高設定挙動を見せていた絆2が空くのを待ってみたけど、結局打てずに終了。

全台系の読みを間違っちゃったけど、P店のライター実践イベントは次も狙えるね。

と、ここまで書ければ言う事なしですが、別にここまで書く必要はありません。

収支表と合わせて、その店を選んだ理由。

その台を打った理由。

台を移動したのならば、移動した理由。

あたりを、箇条書きで構わないので、書いてあればOK。

この時のポイントは、

「人に説明するように書く」

です。

実際に他人に見せる必要はありません。

読むのは自分だけですが、その自分に説明するように書いてみて下さい。

 

継続は力

 

とは言え。

今まで行ってこなかった習慣を身につけようとする訳ですから、あまり煩雑になっては、継続が難しくなります。

ですので、初めはあまりガッチリ固めずに、

「日付・店舗・機種・収支・ひとこと」

程度から始めてみるのが良いと思います。

同じ理由から、記録する手段も何だって構いません。

自分が一番やりやすい方法でOKです。

 

・ノートの書く

・スマホのメモ機能に入力する

・PCでエクセルに書く

・グーグルドキュメントを使う

本当に何だって良い。

普段から使い慣れているもので、手軽に書けて、手軽に読めるモノであれば何だって構いません。

継続は力です。

記録するという作業は、続けることに最も意味があります。

 

おそらく数%

 

自分のパチンコ・パチスロで打った結果(収支表)や、打つ根拠を記録することは、やろうと思えば誰にでも出来ます。

そして、ほぼ無料で出来ます。

が。

恐らく、実際に記録をつけ始める人は、20%もいれば良い方でしょう。

しかも、それを継続して書き続けるとなると、最終的には数%しかいらっしゃらないかもしれません。

でも、だからこそ、やり続けた人の回収率が上がりやすい側面を持ちます。

パチンコ店は会社です。

利益を出すために営業しています。

打ち手のほとんどが、上手く立ち回れるようになってしまうと、経営が成り立ちません。

嫌な言い方をすると、負けてくれる人がいるから、勝てる人がいるのです。

 

隣のおばさんや、あっちのおじさんが負け続けてくれるからこそ、やるべき事をやった貴方が、勝ち組に近づく訳です。

他の人が面倒がったり、信じなかったりでヤラない事を、自分だけがヤル。

それだけで、回収率が上がるかもしれません。

その上、記録をつける事に一切デメリットはありません。

記録をつけ続けてなお、収支が低迷してしまった場合でも、失うのは、記録に費やした少々の時間だけです。

ここまで書いても、やはり、記録し続けられる人は数%でしょう。

何故こんな嫌らしい書き方をするかと言うと、この記録すると言うことが、回収率を上げる為に最も大切な項目だからです。

実は回収率を上げる為の方法の伝授は、今日の時点で90%終わっています。

パチンコ・パチスロはシンプルで勝ちやすいゲーム。

勝つ為に、負けを減らす為に、やるべきはやはりシンプルで良いんですよ。

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事