スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第53弾「エキゾースト」の登場です。

「名機」の後継機として、鳴り物入りで登場した本機。

「二番煎じ?」それとも「正統後継機?」評価の分かれた機種だったと思います。

どのような機種だったのか?

早速まいりましょう。

 

 

 

スペック

 

 

■メーカー

平和

■発売時期

2001年2月

 

 

BIG 機械割
設定1 1/293.9 95.9%
設定2 1/275.4 98.6%
設定3 1/256 102.6%
設定4 1/226 108.6%
設定5 1/202.3 114.7%
設定6 1/170.2 119.9%

 

エキゾースト筐体

 

 

 

 

 

 

 

出典 777@Nifty様

 

 

名機の後継機

 

 

本機は、名機「ホットロッドクイーン」の後継機として、発売前より注目集めていた機種でした。

同じB+準大量獲得機であり、ホロQで好評だった「無音」や「遅れ」も勿論継承。

また、オリンピア伝統の「ズレ目」も備わっており「後継機」という名に相応しい内容ではありました。

が、ヒット作の「二番煎じ」感が強すぎた為か、設置台数はあまり伸びませんでした。

 

エキゾースト配列

 

 

 

 

 

 

相違点

 

 

「兄貴」であるホロQとの最大の相違点は「4thリール」が搭載されていた事です。

この4thリールは演出の主役と言う訳ではなく、あくまで「スパイス」程度にしか動きません。

個人的には「悪くない」と思っていたのですが、巷での評判はそれ程でもなかったようです。

本機の4thリールの「出来が悪かった」と言うよりも、パチスロは既に「液晶」の時代に突入しており、もっと多彩なゲーム性が繰り広げられる中においては「どっちつかず」の機種になってしまったのでしょう。

そのゲーム性が革新的だった獣王ディスクアップ、伝統を誇るニューパルサー、王道の花火大花火、そして偉大な兄ホロQ

それらと比較した場合「決め手」に欠ける印象を持ったユーザーも多かったと思います。

 

エキゾースト1

 

 

 

 

 

 

 

格好いい世界観

 

個人的に一番のお気に入りポイントは「格好いい世界観」でした。

機種名から連想させる、大型バイクとハードロックなイメージが合致しており、特にBIG中に流れる、ディープパープルの名曲「BURN」は、本機の世界観とマッチしてとても格好良く、打っててノリノリになりました。

願わくば、もう一曲「Highway Star」あたりが聞けると、もっと良かったのですが・・・。

 

 

まとめ

 

 

少々短くて申し訳ないのですが、いかがだったでしょうか?

「エキゾースト」って機種名、久しぶりに聞かれたのではないでしょうか?

個人的に本機は、以前書いた「ファウスト」同様、「変なテンションの上がり方をするのに絶妙」な機種だと思います。

「あった、あったそんな機械」と、一人でも手を打ってテンションが上がって頂けると、喜ばしい限りです。

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事