スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

前回、競馬の予想ファクターは数多くあり、どれか一つ最強の予想法がある訳ではないと書きました。

 

 

では、一体どのファクターから馬券を購入していけば良いのか?

予想ファクターの選択法を考えてみたいと思います。

 

 

気になる=使ってみる

 

競馬には多くの予想ファクターがあり、そのどれもが一定の有用性を持っています。

ですので、暴論かもしれませんが、

「どの予想ファクターを使っても良い」

が、ある種の正解だと思っています。

ただ、それだけでは流石に不親切ですので、選択するための判断基準をいくつか。

まずは、単純に気になるファクターを使ってみるのが良いと思います。

血統に興味があるのなら、血統を重視して馬券を購入。

騎手が重要だと思うのらならば、騎手を重視して馬券を購入。

スピード指数が有用だと考えるのであれば、スピード指数を使って馬券を購入。

なにか「コレッ!」と自分が思うファクターがあるのであれば、それを最重要視して馬券を購入するのが一番良いです。

僕は昔バンド活動をしており、ギターを弾いていましたが、幾つかある楽器の中からギターを選んだのは、布袋寅泰さんが恰好良いと思ったからでした。

ベースを弾いている友人に「何故ベースを始めたの?」と聞いたら「音楽を聴いている時、自然とベースの音に集中してい聴いていいたから」と言っていました。

興味がある(気になる)=使ってみるの感覚で全然構わないと思います。

自身の性格的に「合うか、合わないか」で決めるのが、案外一番良かったりもしますから。

 

本を読む

 

 

競馬関連の本は沢山出版されています。

その中から、タイトルや著者に興味がある本があれば、読んでみることをお勧めします。

最新の本の方がデータが新しく有用に感じるかもしれませんが、理論や考え方を知りたいのなら、古い本でも全然構わないと思います。

あまりお金をかけたくない人は、中古でも全然構わないので、何処か「ピンッ!」とくるものを感じたり、レビューが良い本などを手にとってみて下さい。

僕も競馬の本は結構読んできました。

良い本もあれば、なんじゃこりゃ?と思う本もあります。

幾つか手に取ってみて「シックリくる」本があれば、その予想ファクターをメインに勉強してみると良いと思います。

 

 

ネットで探す

 

ブログやSNSで参考になる人を探すのも有効です。

本と違って基本的には無料ですし、数多くの人を見ることが出来ます。

ちょっとした隙間時間にも検索することは可能ですので、有効な手法と言えます。

但し、ネットに出てくる情報は玉石混交。

一般の情報でさえそうなのですから、ギャンブル関連ともなれば「石」である確率はハネ上がります。

本の比でないぐらい、当たりはずれが大きいと思った方が良いでしょう。

ネットで探す時の注意点としては、

 

①的中実績、特に高額配当的中だけを全面に押し出していないか?

②的中報告だけではなく、理論・考えがしっかり説明されているか?

③有料情報を提供している場合、価格は適性か?

この辺りに気をつければ、極端に「変な」人に掴まる可能性は下がるハズです。

 

 

何を選ぶか?よりどう使うか?

 

ここまで、予想法(ファクター)の選び方を考察してきましたが、前回書いた通り、どの予想法を使うかはそれほど重要ではありません。

何を選ぶか?よりも、どう使うか?が大切ですし、それ以上に「結果どうなったか?(回収率が上がるかどうか?)」が大事です。

これまで、ややボヤっとした輪郭のハッキリしない内容を書いてきましたが(僕は大切なことだと思っています)、次回より、具体的にどうやって回収率を上げていくか、その作業をお伝えしていきます。

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事