スポンサーリンク

 

 

こんばんは!銀猿です。

僕が馬券の回収率が100%を超えるようになって、改めて重要だと感じたのは、

①知る

②予想法

③買い方

④メンタル

の、4つなのですが、今回は「知る」中でも最も基本の部分【現状】について書いていきます。

 

 

知ることが第一歩

 

回収率100%超えへの道は、まず「知ること」が第一歩になります。

回収率向上の為に知ることは多くあります。

しかし、難しいものはそれ程ありません。

多くのことが「誰にでも・簡単に」知ることが出来ます。

ですが、多くの人が軽視していると言うか、ハナから眼中にない場合が多いです。

馬券で回収率を上げる為には、他の誰にも気づかれていないファクターや、誰も知らないような情報が必要だと思っている人もいます。

勿論これらを発見出来たり、入手することが出来れば回収率が上がる可能性は多いにありますが、僕を含めた普通のイチ競馬ファンの方に、簡単に手に入るものだとは思えません。

それよりも、もっと基本的で重要な点に目をむけるべきです。

 

 

今の回収率

 

 

まず最初に知って欲しいのは、

「今現在のご自身の馬券の回収率です」

収支でも構いませんが、ここではパーセントで確認することを前提としましょう。

皆さんの回収率はどれぐらいですか?

2021年の回収率は何%でしたでしょうか?

まだそこまで気にする時期ではありませんが、2022年の回収率は何%でしょうか?

コレに答えられない人が結構多いです。

自身の馬券の成績である回収率が分からなければ、自分の馬券購入がどの程度の精度を誇っているか分かりません。

95%程度あり、もう少しで100%に手が届きそうなのか?

75%程度であり、控除率分負けているのか?

はたまた50%以下と、宝くじの控除率ぐらい凹んでしまっているのか?

現状を認識しないと、何処を治せば良いか分かりません。

記憶していなくても、何かを見て確認出来る方はOKです。

もう今日のレッスンは終了です。

そうでない方は、必ず自分の回収率を確認するようにしましょう。

疑うかもしれませんが、それだけで回収率が改善する場合すらありますから。

 

何でも良い

 

回収率を知る方法は何でも構いません。

PAT購入しかしない方は、別途何かに書きとどめておく必要は基本的にはありません。

が。

銀猿的には何でも構わないので、何か一覧出来るツールを使う事を推奨します。

詳しくないので迂闊なことは言えませんが、馬券収支を管理するスマホアプリを使うのも良いでしょう。

パソコンをお持ちの方はエクセルを使って記録するのも良いでしょう。

エクセルが入っていない方は、グーグルのスプレッドシートでもOKでしょう。

パソコンやスマホが苦手な方は、手書きのノートでも構いません。

何でも構わないので、自分の馬券成績が確認出来る何かを持って下さい。

その際、出来ることならば、券種別の回収率が分かるとなお良いです。

ですが、収支表をつける習慣がない人が最初から手間暇のかかる手段を選んでしまうと、継続が難しくなります。

ですので、最初は習慣化させることを優先して、自分にとって簡単な方法を選んで下さい。

僕はエクセルで管理しています。

たまに、

「そんなん幾ら負けているか怖いから、知りたくもない」

と言う方がいらっしゃいますが、今までと同じことをしていると、高確率で「知りたくもない程負け続ける」ことになります。

現状がどうかは関係ありません。

まずはそれを認識することがスタートとなります。

面倒でも、怖くても、つまらなくても、自身の馬券成績を知ることを始めましょう。

 

効果あり

 

馬券成績を知ることは面白くないと思います。

派手さもありません。

即効性もないです。

でも、効果はあります。

それなのに、インパクトがなく、すぐに結果が出ないので多くの人がやりません。

多くの人がやらないから、多くの人が同じように負けていきます。

後日書きますが、競馬は参加ユーザーでお金を取り合うゲームです。

同じように負けている人は、勝ち続けている人にお金を渡している図式になります。

「収入表をつける」

 

誰にでも必ず出来ることです。

まずは自分の馬券成績を知りましょう!

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事