スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

土曜の競馬も終わり、明日はいよいよ桜花賞の出走です。

銀猿の最終決断といきたいと思います。

 

予想

 

本命 1番 ナムラクレア

相手 3番 アルーリングウェイ

相手 6番 ウォーターナビレラ

相手 8番 スターズオンアース

相手 11番 ラブリイユアアイズ

 

根拠

 

土曜の競馬を見ると、やはり内枠有利な傾向。

ただし、逃げ馬がバンバン残るような前残りではなく、差しもある程度効くイメージ。

それでも、前がピタッと止まる訳ではないので、ハープスターのように直線だけでごぼう抜きは難しそう。

4コーナーに入る頃には、少なくても10番手以内には位置しておきたい。

で、本命はナムラクレア。

全頭診断の時から予想を変えたのは、土曜日メインの阪神牝馬Sの結果を受けて。

勝ったのは11頭中9番人気のメイショウミモザ。

単勝68.7倍というド人気薄での勝利。

道中6番手の位置取りから、上がり3位の上がりを使って快勝。

この馬、マイルを走るのは初めてで、前走は1,200mのOPを13着惨敗でした。

このレースを観て思ったのが、

 

①上がり最速&2位を使った道中最後方のいた2頭が5・6着に敗れていること

②1・2番人気の馬を、初のマイル戦で延長ローテだった人気薄が前も後ろも抑え込んで勝ったこと

③勝ち馬の血統が、父ハーツクライ×母父フレンチデピュティだったこと

です。

内枠+マイルがベストと思えず+延長ローテで+父SS系×母父米国型ノーザンダンサー系。

それらに全て合致する馬なんていない・・・と思っていたら、いました!そう!ナムラクレアです。

メイショウミモザが走ったからと言って、同じようにナムラクレアが走るとは限りませんが、人気を考えれば狙ってみても面白いでしょう。

阪神牝馬Sで上がり2位を使って届かなかったマジックキャッスルに乗っていたのは浜中騎手です。

桜花賞ではもう少し前の位置を取り、馬群を捌いて伸びてきてくれることを、ダービージョッキーに託したいと思います。

 

馬券

 

僕の予想を言葉にしてみます。

 

①外枠の差し馬が勝ち切るのは難しい

②とは言え、人気の差し馬が全滅だとも考えにくい

③内枠である程度速い上がりが使える馬が良い

④ウォーターナビレラは少し人気し過ぎで単勝は買いづらい

⑤内枠でここまで底を見せていない馬を買いたい

という予想を、馬券に落とし込みます。

単勝 ナムラクレア

馬連 1-6

ワイド 1-3,8,11

三連複BOX 1・3・6・8・11

まずはナムラクレアが万が一勝った時用の単勝です。

15倍程度つくのなら、買っておいてOKかと。

相手は、内枠でまだ底を見せていない4頭ですが、ウォーターナビレラとのワイドはオッズが低いので、ここは馬連に。

その他の馬とは、人気どころ一頭に走られても良いようにワイドで。

最後の三連複BOXは普段は買いませんが、ナムラが飛んで万が一選んだ相手で予想通りに決まったときの配当が「来たら悔しいレベル」なので抑えることにします。

終わってみたらナミュール・サークルオブライフ・プレサージュリフトの差し馬勢で完全決着!

というオチも勿論あるでしょうが、それは自分の予想が完全ハズレているので、仕方ありません。

では、皆さん良い週末を!

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事