スポンサーリンク

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第16弾、「マグニチュード」です。

マイナー機種の連投で申し訳ないのですが、ノートに忠実に時系列に沿って書き進めていくつもりですので、ご勘弁頂きたい。

で、またまた「一回しか打ってないシリーズ」に該当する本機ですが、
前回のダブルオーセブンと違って、打った記憶がありません。
(同じ日なのにね)

筐体写真を見ても、「あっ!」とか全然ならないです(汗)

そんな状態ですので、機種の基本データ程度の事しか書けないですが、毎度の事ながら、一部熱狂的ファンの方の記憶中枢を刺激出来る事を信じて。

ちなみにこのページを書いてて、十何年かぶりに「テクノコーシン」ってワードを口にしたのですが、何故だか思わず少し笑ってしまいました。
マックスアイランドの時もね)

 

スペック

■メーカー

テクノコーシン(当時)

■発売時期

1999年5月

BIG REG 機械割
設定1 1/298 1/655 95.7%
設定2 1/293 1/630 96.8%
設定3 1/287 1/565 98.2%
設定4 1/278 1/529 100.2%
設定5 1/256 1/468 105%
設定6 1/241 1/364 110.3%

 

マグニチュード筐体

 

 

 

 

 

 

 

出典 777@Nifty様

 

計算あってる?

 

覚えていない機種は調べて、出来る限り正しい情報を書く事を心がけていますが、数字を見て???となりました。

この台って、BIG一回で500枚近く獲得出来るA-500タイプですよね?

メーカー発表値でいくと、設定1でもBIG1/298・REG1/655。
今の台の様に、REGが50枚って事もないでしょうし、普通に考えれば50枚で30ゲームぐらいは回せるハズ。

???甘すぎやしませんか?

しかも、小役回収打法とリプレイ外しも効くとの事。

「・・・お宝台だよね」

ネット上の事ですが、当機だけを打ち続け、勝ち続けていたと仰る方もおりますので、どうやら本当に激甘台だった様です。

翌年「マグニチュードX」なる機種が発売されてますから、「ビーナスライン」⇒「ビーナス7」的な事なんでしょうかね。

いわゆる「対策機」が発売されているって事は、本機が正統攻略法で簡単に勝ち続ける事が出来た証でしょう。

それだけでも大変な事なのに、プラスして小役が揃うと同時に清算ボタンを押すと2倍の払い出しがあったとか・・・(自身が手を加えていなくても、不正な遊技でメダル得た事になるので、やれば犯罪です)

しかも〇モノまであったらしく、もう何が何やらわからない本機ではありますが、極端に設置台数が少なかった事が、ビーナスライン程大騒ぎにならなかった要因だと思われます。

 

機会損失

 

別にパチスロに限った事ではないですが、パチスロでも「情報」は大切です。
機種の事、お店の事など、他の人が知らない事を知っている事、そして実践出来る事は、自身にとって大きなプラスとなる可能性が高いです。

僕がこのマグニチュードを打ったのは2000年1月29日。

と言う事は、対策機が出る前なので、間違い無くXの方ではなく「マグニチュード」を打っています。

この機種がどの程度の期間設置されていたかは分かりませんが、「設定1でも常勝」である事を知っていれば、ある一定期間はかなりの確率で勝てていた事でしょう。

「知らない」事が、チャンスを目の前にしても、それをチャンスと捉えられなかった良い例です。

 

印象だけ

 

機種の内容とは関係ない事を書いてしまいましたね(汗)

最初に書いた通り、打った記憶が全くありませんので、筐体写真及び、リール配列を見た印象を一言、

「マグニチュードって名前と絵柄がマッチしてなくね?」

 

 

※本当は普通に遊技している映像が欲しかったのですが、上記の清算ボタンを押して払い出し枚数を増やす動画です。

現在マグニチュードが市場にあるハズもないので、問題なしと考えて貼り付けますが、
もし、何らかの問題がある様でしたら即刻消去致しますので、お知らせ下さい。

コアなスロッターの方でも、本機を打倒した!って方はそれ程多くないと思いますが、
マグニチュードで常勝街道を歩まれた方は、是非、周りのスロ仲間にドヤ顔で「マグニチュード自慢」して下さい!

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事