スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

先週のマイルCSは肉眼で見た限りでは「ハズレた」と思っていましたが、嬉しい誤算でダノンザキッドが3着に入り馬券が的中。

連敗を3で止める事が出来ました。

では調子に乗って、早速ジャパンカップの予想と行きましょう。

 

結論

 

最初に結論から。

 

本命 7番 オーソリティ

軸  2番 コントレイル 

 

です。

 

オーソリティ

 

本命に選んだのはオーソリティ。

選択理由は、

・先行脚質

・相対的に速い上がり

・東京コース実績

の三点。

ジャパンカップは切れ味のある馬が有利に違いはないのですが、近5年で3着以内に入っている馬は2016年3着のシュバルグランを除いて、道中の通過順位が2ケタだった馬はいません。

勝ち馬は全て4コーナを5番手以内で通過しています。

逆に上がり最速馬は2着が2回と、そこまで良い成績ではありません。

かと言って、上がり6位以下の馬も1着1回・3着1回。

近年のジャパンカップ好走馬のイメージは「先行出来てかつ、上位の上がりの脚を使える馬」になっています。

そのイメージにピッタリくるのがオーソリティ。

有力馬の中では一番前で競馬が出来そうですし、33秒台で上がり最速!とはイカなくても、メンバー中上位の上がりが使える馬です。

それに加えて、この馬は東京コースだと別馬のように走ります。

これまでGⅡ3勝+GⅢ2着一回と、ほぼ完ぺきな成績を残しています。

今回は人気を被る馬が二頭いるだけに、3番人気とは言えオッズ的にも妙味十分です。

懸念するポイントは一つ。

「GⅡ番長である」可能性です。

競走馬の中には不思議なことに、GⅡまでだとべら棒に強いのに、GⅠになるとカラッきしという馬がいます。

オーソリティがこれまで馬券圏外に飛んだのは「2歳時のホープフルS・3歳時の有馬記念・4歳時の天皇賞(春)」と、全部で3回。

その全てがGⅠレースであり、全て完敗です。

敗戦理由が「中山・阪神の重い馬場(or右回り)なのか、GⅠレース」なのか分かりませんが、GⅠに壁があるタイプの馬ならば、今回も惨敗するでしょう。

ですが、コース形態が理由であれば、今回も走ってくるでしょう。

後はオッズとの兼ね合いですが、今のオッズならば、銀猿的には「迷わずGO」となります。

 

コントレイル

 

上の方で、本命=オーソリティ・「軸」=コントレイルと書きましたが、馬券の「軸」と考えるのであれば、コントレイルが最適でしょう。

天皇賞(秋)の予想では「ディープ産駒のダービー馬」という事でブッタ切りましたが、そこはただのダービー馬ではなく無敗の三冠馬。

3強対決の中、崩れることなく2着を確保しました。

他のディープ産駒のダービー馬と違い、3歳秋以降も全てGⅠで「2着・3着・2着」と安定して走っています。

前走の走りから、4歳秋になっても現役馬の中で芝・中距離路線においてはトップクラスの実力を持っていることは証明されています。

東京2,400mという舞台も問題なく、今回も安定した走りを見せてくれると思いますし、馬券圏内に入ることを考えれば、この馬が一番確率は高いと思います。

ですが、菊花賞以来勝ち切れていないのも事実であり、前走はエフフォーリアに「しっかり」負けています。

この単勝オッズで頭に置いて馬券を買う気にはなれず、あくまで連系馬券の軸として最適という判断です。

イチ競馬ファンとしては、最後に三冠馬らしい強い競馬が見たい気持ちはありますが・・・。

 

シャフリヤール

 

人気馬の中で嫌いたいのは今年のダービー馬シャフリヤール。

理由は「ディープ産駒のダービー馬」だからです。

詳細は天皇賞(秋)で述べていますので省きますが、近年のダービー馬は、ダービー馬勝利後伸び悩むことが多いです。

シャフリヤールが今までのダービー馬と同じかどうか分かりませんが、今回のオッズであれば、嫌う方に賭けることが、回収率アップに繋がると思います。

但し今までのディープ産駒のダービー馬は、3歳秋に海外GⅠへ挑戦したり、そもそも走らずに引退したり、適距離ではない菊花賞を走ったりしています。

その点今回のシャフリヤールは、秋を一走して東京2,400mに出てきました。

ローテション的にも、レース的にもベストと言える条件だと思います。

強い3歳世代の頂点に立った馬が、ベストのレースに出てきたのですから、強い競馬で勝ち切っても驚きはありません。

逆を言えば、ここで惨敗するようであれば、シャフリヤールも他のディープ産駒のダービー馬と同じ扱いをしなければならなくなります。

後、個人的にコントレイルもシャフリヤールも2,000mがベストだと思うのですが、コントレイルは「2,000m~2,400mの馬」で、シャフリヤールは「1,600m~2000mの馬」だと思っています。

プラス、瞬発力に特化しているタイプに見える点も、ジャパンカップを走る上では、やや適性がズレているように感じます。

以上の考えで、今回はシャフリヤールには喧嘩を売ってみたいと思います。

 

(注)菊花賞=オーソクレース・天皇賞=コントレイル・マイルCS=シュネルマイスター

僕が喧嘩を売ってきた人気馬達です 苦笑

 

馬券

 

僕は「合成オッズ5倍以上」の馬券を買うことを意識しています。

合成オッズ5倍以上が分からない方は、買った馬券が当たった時に、投資の5倍以上になって返ってくると思って頂ければ良いと思います。

合成オッズ5倍以上の馬券を、的中率20%程度で当てる。

これを意識して馬券を買います。

購入予定馬券は、

 

①オーソリティの単勝

②オーソリティとコントレイル二頭軸の三連複

です。

②の相手は、内から5・6・12・16番で、資金配分して購入します。

万が一オーソリティの単勝オッズが予定より低くなってしまった場合は、オーソリティの単勝一点になる可能性もあります。

では、皆さん良い週末を!

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事