スポンサーリンク

 

 

お久しぶりです!銀猿です。

有馬記念から約二ヵ月。

皆さんお元気でしょうか?

去年の馬券収支は如何でしたか?

そして、今年のこれまでの調子はどうでしょうか?

私銀猿はありがたいことに、去年も年間収支はぎりぎりながらプラスを達成。

これで二年連続回収率100%超えとなりました。

さて、明日は早くも2022年中央競馬最初GⅠレース、フェブラリーステークスです。

馬券にGⅠも未勝利戦もありませんが、やはりGⅠレースは特別なもの。

当てたいのは勿論、予想すること自体が楽しいものですよね!

では、フェブラリーステークスの予想といきましょう。

 

難解

 

今年の登録メンバーを見た第一印象は、

「難解だな」

ですね。

絶対的本命視出来る馬がいないこと。

主役となるハズの明け4歳馬がほとんどいないこと。

雨予報。

大半が去年の同レース出走馬で、当然ながら全馬一つ歳を重ねていること。

など。

その分、馬券的には面白そうではありますがね。

 

予想のポイント

 

今回の予想のポイントは、

 

・東京マイル重賞での、上がり5位以内好走実績

・短縮ローテ

・馬齢

・雨

です。

 

本命

 

本命馬は、6番カフェファラオを指名します。

東京マイル実績は3戦3勝と申し分なし。

と言うか、最早東京マイルしか走らないのではないか?という印象すらあります。

去年の勝ち馬であり、重馬場以上に渋った馬場の経験はないものの、早い時計勝負は歓迎のタイプ。

東京マイルは短縮ローテが有利なので、チャンピオンズカップから直行も良い。

ダートで馬場が渋る(重or不良馬場)と前が残るイメージが強いですが、東京マイルの上級クラス(準OP以上)の場合、変わらず短縮馬が良く走ります。

明け4歳馬がソダシしかいない状況ならば、明け5歳のカフェファラオが大威張りしても良い。

福永騎手への乗り替わりはプラスではないでしょうが、逆にルメール騎手からの乗り替わりのダメージを、福永騎手を確保したことで最小限に喰いとめたとも言えます。

500kgを超える大型馬ですが、案外コンパクトに走り、かつ繊細なタイプであるよう。

福永騎手の会見でも、自分の長所が上手く活かせる可能性について言及されていました。

外国産馬であり、もしかしたら「既に終わっている可能性」は否定出来ませんが、オッズとのバランスを考えれば、今回はまだ食指が動くレベル。

もし早熟で「終わっている」のであれば、掲示板すら外す可能性も十分なので、狙うなら頭でこそでしょう。

 

東京マイル実績馬

 

今回の出走メンバーの中には、東京マイル重賞で速い上がりを使って馬券になった馬は他にもいます。

内からインティ、サンライズノヴァ、ソリストサンダー、エアスピネル。

これらの馬にも勿論好走する下地はあるものの、割り引いたのは全馬共通して「高齢馬」であること。

フェブラリーステークスは高齢馬もよく走ります。

去年の2、3着馬は共に8歳馬でした。

が。

東京マイルで馬場が渋ると、7歳以上の馬の好走確率が極端に下がります。

数字を見て見ると、勝率0%・複勝率6.0%と壊滅的です(2012年から先週まで・準OP以上・稍重以上)

馬場が渋ることで時計が早くなり、元々スピードの要求度が高い東京ダートでより一層基礎スピードが求められ、その結果、高齢馬苦戦。

そんな図式でしょうか?

明日の雨量は分かりませんが、良馬場は見込めないでしょうから、少なくても頭では狙いにくいです。

 

有力馬

 

レッドルゼル

 

会見でも川田騎手がハッキリ「長い」と言及しているように、1,400mがベストなのでしょう。

内枠に入った分、去年よりは距離ロスを抑えられそうですし、その去年も上がりは使えているので、馬券圏内に入ってくる可能性は十分にありますが、頭では狙いにくい。

 

ソダシ

 

・ダート2戦目

・距離短縮

・スピードの要求度が高い東京ダート

・時計の出る渋った馬場

・芝スタート

・外枠

前走と比べて、かなり条件が好転しますが、それでもキツいのではないか?と予想。

東京マイルダートでは、逃げ馬の回収率はかなり高くなります。

ですが、逃げた馬でも上がり6位以下となると成績はガタ落ち。

逃げて早い上がりが使えるシーンはイメージ出来ないし、番手や好位から抜け出しても、外から他の馬に差されるイメージしか湧かない。

「一発」の可能性は秘めているものの、この単勝オッズでは手が出ないし、馬券の「軸」には不向きでしょう。

今回も軽視。

 

 

テイエムサウスダン

 

レッドルゼル以上に距離が心配。

根岸Sを早い上がりで勝ってきた馬は、例年馬券になりやすく期待値も高い。

オッズ的にも狙えると思いますが、今年は短縮ローテを上位に評価しているので、個人的には軽視。

 

アルクトス

 

渋った馬場は歓迎のタイプ。

唯一の同距離ローテーも何とも不気味。

今回の予想のポイントに「早い上がりと短縮ローテ」を挙げているので、そこからはズレてしまうが、走られても驚かない。

それでも、勝ち切るまではイメージ出来ませんが・・・。

 

 

馬券

 

カフェファラオの単勝を買います。

19日・23時30分時点のオッズで5.5倍。

流石に最終的にはこんなにつかないでしょうが、ソダシの単勝が売れる分、相対的に美味しくうつるのは確か。

今年最初のGⅠレース。

気持ち良く的中といけるでしょうか!?

 

では皆さん、良い週末を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事