スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

パチスロ専業生活から、社会復帰を目指した時の体験談の続きです。(前回分はこちら)

入社から1ヶ月半。

本社への異動を決めました。

営業所とは違う仕事、中古業者とも違う仕事。

どんな事を経験させて貰えるのか?

僕にできる仕事があるのか?

期待と不安を感じながら、本社勤務が始まりました。

 

大正解

 

結果から言えば、本社勤務への異動を決めたことは、僕にとって大正解でした。

現場に残っていたら、どうなっていたかは分かりません。

異動するよりも、もっと良かったのかもしれません。

そもそも「正解」「不正解」があるものではないかもしれませんが、僕は本社への異動を決めて、本当に良かったと思っています。

 

 

 

経験

 

大正解だと思う一番の理由は、期待通り新しい経験を沢山させて頂けたこと。

本社勤務になったお陰で、本当に多くのことを知る機会を得ましたし、色々な経験をさせて貰いました。

その内容は、この後一つずつ書いていこうと思います。

 

パチンコ屋さんの本社勤務って、一体何をしてるかイメージがわかない人もいるのではないでしょうか?

勿論、僕が経験したことが全てではないでしょうが、興味のある人にとっては、少しは面白い話になるかもしれません。

それに、このブログタイトルの下にあるように、元パチスロ専業で、元遊技機中古業者で、パチンコ店の本社勤務経験者となると、全国的にもかなり「レアキャラ」なのではないでしょうか?

専業→業者→本社の順番も加味すれば、レア度で言えば、はぐれメタル級は軽く超えるんじゃないかな?

 

 

大丈夫

 

異動にあたり懸念材料だった職場環境も、全く問題ありませんでした。

当然、みんな良い人、全員と仲良し。

なんて訳はありませんが、楽しく話せる人や気軽に話せる人もおり、僕にとって居心地は決して悪くなったです。

加えて、勤め始めて二年を過ぎた頃からは、社長とも気軽に話せる仲になり、プライベートでも少し交流を持てる状況になりました。

コレは、前職のことを考えると天と地ほどの差があり、やはり僕にとってとても良い職場環境でした。

 

 

副産物

 

本社勤務になったことで新しい経験をさせて貰いましたが、それ以外にも副産物と呼べるプラス材料がありました。

それが、

「パソコンのスキルアップ」

この物語を順に読んで下さっている方はご存知でしょうが、僕のパソコンスキルはスライムレベルでした。

なんたってコピペすら出来なかったのですから、致命的です。

 

そのパソコンスキルが、多少なり向上しました。

本社勤務になり、毎日パソコンに触れるようになった上、この会社は悪い意味で遅れていました。

有料ソフトを使えば圧倒的に時間効率があがることも、人が時間を使えば出来ることは、人力でやるスタイルでした。(全てではありませんが)

コレが僕にとっては、逆に良かっのです。

 

後日書きますが、業務のほとんどをパソコンを使って一馬力でやり続けたため、必然的に操作を覚えていきました。

聞けば教えてくれる先輩社員もおり、とてもスムーズにレベルを上げていく事ができたと思っています。

今でも大した事はできませんが、コピペすらできなかった時と比べれば月とスッポン。

随分と成長させて頂いきました。

 

この他にも、新しい経験のお陰で、発見や習得、気付きや挑戦もありました。

この辺りは、次回から書いていこうと思います。

 

 

社会復帰編50へ続く

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事