スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

パチスロ専業生活から、社会復帰を目指した時の体験談の続きです。(前回分はこちら)

期待をもって働き始めた中古業者でしたが「福利厚生の薄さ」と「社長の悪口」この二つの理由により、長く続けられないと感じていました。

 

半年後

 

僕が最初に再度の転職を意識したのは、初めての給与明細を貰った時なので、働き初めて1ヵ月後。

そして、社長の悪口に嫌気がさし、退職の気持ちが強くなってきたのがおよそ2ヶ月後。

 

前回のパチンコ店同様、僅か2ヶ月でまたぞろプータローに戻る・・・と、思いきや、今回はそんな事はありませんでした。

僕がこの中古業者を退職するのは、勤め始めてから半年後になります。

 

 

2つの理由

 

 

僕が早い段階で「長くは続けられない」と思っていながらも、半年間勤めた理由は2つ。

 

一つ目は、仕事を覚えたかったから。

二つ目目は、プータロに戻りたくなかったから。

です。

少し前に書いたように、この中古業者での仕事内容自体は楽しいものがありました。

未経験だったので、新鮮さがそう思わせた可能性もありますが、色々と新しいことを知れること、新しい経験ができることは、有意義であり、楽しいものでした。

たかが半年で全てが分かる訳ではありません。

当然ながら、中古業者での仕事をやり切った訳でもありません。

ただ、ある程度の期間は働いて「基本的な部分だけでも経験し、身につけることが出来れば良いな」と思い、すぐさま退職することは避けました。

 

 

プータロー

 

二つ目の「プータロに戻りたくなかったから」ですが、コレはそのままですね。

パチスロ専業生活から社会復帰を目指した時も、前職のパチンコ店を退職する時も、次の仕事が決まっていない状態でしたので「何もしていな期間」があります。

いわゆるプータロですね。

この状態に戻りたくありませんでした。

ですので、この中古業者を退職する時は、

「次の就職先が見つかってから」

と、決めました。

雇っていただいた会社には申し訳ない気持ちもありましたが、給与を貰いながら、知識と経験を少しずつ得ながら、次の就職先を探す行動に出ることにしました。

 

 

感謝

 

ここまでこの中古業者に対して、特に社長に対して文句というか、不満を漏らしているように伝わっているかもしれませんが、僕はこの会社に感謝しています。

元従業員の紹介だからと、お会いし、話しを聞いて下さったこと。

パチスロ専業者だった僕を、何のためらいもなく雇って下さったこと。

新しい経験をさせて下さったこと。

本当に感謝しています。

実際にここでの経験が、その後の僕の行く先を変え、また違った経験やスキルの獲得に繋がりました。

この感謝は、前職のパチンコ店にもあります。

体力的には厳しかった職場でしたが、7年ぶりに「仕事」をさせて頂いたことは、ありがたく思っています。

 

職探し

 

 

再度の転職を考えていた僕ですが、そこまで慌てていた訳ではありません。

この時現在は仕事があり、少ないながらも給与を頂いていました。

蓄えもなかった訳ではないので、生活に困る状況ではなかった事も大きかったです。

それに何度も書きますが、仕事自体は楽しかったこともあり、出勤すること=苦痛ということでもありませんでした(社長の悪口は嫌でしたが)

そんな中、僕の退職への気持ちを一気に高める出来事が起こってしまいます・・・。

 

 

社会復帰編40へ続く

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事