スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

パチスロ専業生活から、社会復帰を目指した時の体験談の続きです。(前回分はこちら)

前回は、せっかく働き始める事ができた中古業者の仕事を、割と早い段階で「長くは続けられない」と思った、一つ目の理由について書きました。

今回は、二つ目の理由について書いていきます。

 

悪口

 

二つ目の理由は、

 

「社長の悪口が耐えられなかったから」

 

です。

悪口と言っても、僕に直接向けられたものではありません。

罵詈雑言を浴びせられたり、パワハラを受けたわけでもありません。

社長の悪口は、

 

「関係する多くの人に対して、日常的に、かなりの時間」

 

発せられるモノでした。

 

 

対象

 

 

社長の悪口の対象者は、メーカー・他の業者・ホールなどの関係者が多かったのですが、その中で一番聞いていて辛かったのは、自社の社員に対してのモノでした。

その場にいない人に対しての悪口を、他の社員に日々言い続けるのです。

聞いていて、気持ちの良いものではありません。

至らない部分や改善して欲しい箇所があるのなら、相手に聞く姿勢を作ってから、

「〇〇くんはこの部分は良いのだけれど、こちらの業務が苦手のようだ。こういう事に気をつけて、こんなアプローチで取り組めばもっと良くなるよ」

と、アドバイスすれば、言った方も言われた方も、お互いにとってプラスになると思います。

少なくとも、陰で他の社員に言うのではなく、本人に「△△を改善するよに」や「□□をやめるように」と、注意すれば済むことだと感じていました。

 

 

悪気はない

 

 

聞いていた僕は、社長の発言を「悪口」だと思っていましたが、本人にその自覚はなかったと思います。

自分の価値観・考え・常識が正解。

間違っているのは相手なのだから、自分の言っていることは正しい。

もしくは、相手の能力や性格、行なった行動を評価・分析。

相手のどこがどれだけダメなのか。

相手のどこがどれだけ悪いのか。

その評価・分析結果を自信満々に述べているだけで、悪気はまるでなく、何なら「相手のため」と、思っていたハズです。

 

 

 

どうしてそう思うのか?

それは、僕がそんなタイプの人間だったからです。

陰でこそこそ悪く言うことはあまりなかった(と思う)ですが、友人や知人に対し、相手を評価・分析(した気になって)、頼まれてもいないのに、欠点や改善点を指摘する。

 

・・・性格悪いっすね。

 

そりゃ友達少ないハズだわ。

僕が社長の言動が気に入らなかったのは、一般的な感情はもちろん、自分自身の欠点や人間としての未熟な点を、鏡に映して見せられている感覚があったからかもしれません。

 

 

毎日

 

人間なら誰だって、愚痴りたい時や、ついつい人の悪口を言ってしまう時はあります。

でもあまりに頻繁だと、聞かされる周りの人間だって良い気はしません。

社長の場合、口撃がない日はありませんでした。

事務所で仕事をしている時間の、7割ほどは誰かしらの悪口で占められていたように思います。

毎日、毎日、よくもまぁ飽きることなく悪口が溢れ出てくるものだと思いましたが、聞かされている方はたまったモンじゃありません。

その上、

「銀猿さんもそう思うよね?」

と、同意を求められることも多かった為、僕のメンタルは、日に日に削られていきました。

 

 

愛がない

 

 

福利厚生の件も、この悪口の件も、結局、社長から「愛を感じなかった」ことが、長く続けられないと思った要因でした。

別に僕を愛して欲しいと思った訳ではありません。

他の言葉を使えば「感謝がない」と感じたのです。

 

社員に対しても、取引先の人に対しても、関わる人たちに「愛・感謝」の気持ちがなければ、人は集まらないでしょう。

人が集まらない社長の元では、会社の発展・継続も望めないでしょう。

青臭い綺麗事かもしれませんが、この時の僕には、長く勤められない理由としては十分過ぎるモノでした。

 

 

社会復帰編39へ続く

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事