スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

パチスロ専業生活から、社会復帰を目指した時の体験談の続きです。(前回分はこちら)

友人H君の紹介の紹介で、パチンコ遊技機中古業者への面接にたどり着いた。

面接?とは思えない、アットホームな雰囲気に戸惑いつつも、自分の経歴、気持ち、ここに至るまでの経緯を話し終えた。

僕が一通り話し終えると、今度は社長さんが口を開いた。

 

 

覚えてない

 

僕の話しを聞いた後、社長さんが話して下さったのだが、残念ながら、細かい内容はあまり覚えていない。

社会復帰を目指し、これまで数回面接を受けてきた。

どの面接も「一言一句」とは言わないが、大体の内容は記憶にあった。

1社目の会話などは、かなり鮮明に覚えていた。

だが、この時の話の内容はあまり覚えていない。

理由は「アレだな」と、思い当たるが、それはまた後日。

 

 

とりあえず

 

社長さんのお話しを、ザックリまとめると

 

・今、人を募集している訳ではない

・それでも、興味があってやってみたいなら、一度やってみれば良い

・パチスロ専業者だったことは、問題ではない

・運転免許は必須

・パソコンは使えるか?

特別は話はなく「やってみな分からんから、とりあえずやってみたら?」が、メインの内容だったと思う。

確認事項

いとも簡単に採用が決まりかけたが、社長さんから、何点か確認事項があった。

①自社の車は大きなワゴン車だが、運転できるか?

②夜勤(閉店後)の勤務が時折あるが、対応できるか?

③業務にパソコンを使うが、操作はできるか?

 

確認されたのは確かこの3点。

①については全く問題ない。

以前にも書いているが、普通免許で乗れる大きさ+右ハンドルなら、大抵の車は運転できる。

 

②も問題ない。

元々が完全無欠の夜型タイプ。

早起きは苦手(今は大丈夫)だが、夜遅い分にはかなり強い。

 

③が問題。

というより、僕が何も分かっていなかった。

僕はこの時、

「大丈夫です。ある程度触る事ができます」

と、即答している。

だが、僕がこの時パソコンで出来たことは、ローマ字入力で文字が打てるだけ。

・・・いや、マジで。

自宅にノートパソコンを持っていたし、エクセルも触ったことがあったが、ベタ打ち以外ほぼ何もできなかった。

コピペも、印刷範囲の設定も、シートを増やす事もできなかったのである。

そんな状態なのに「パソコン使えます!」と、自信あり気に答える訳だから、知らないとは恐ろしい。

 

採用

 

とはいえ、入社後もパソコンの操作で大きく困ることはなかった。

理由は、

「パソコンを使ってする仕事なんて、ほとんど無かった」

から。

正確に言えば「僕には」なかった。

多少はあったものの、一度聞けば対応できるものばかり。

要は社長さんも、パソコンについて無知だったと言うわけだ。

ともかく、これで面接?は終了。

社長さんの言葉通り、

「まずは一度やってみる」

コレで双方合意。

めでたく採用が決定した。

 

 

大きなミス

 

 

トントン拍子に採用が決まった訳だが、僕はこの時、大きなミスをおかしている。

それは、

「雇用契約の詳細を確認しなかった」

ことだ。

 

・日祝休み+土曜日隔週

・交通費は全額支給

・基本は8時~17時(休憩一時間)

以上3点は聞かされていたが、それ以外、言及がなかった。

先方が言ってくれないのならば、こちらから確認すれば良い。

ただそれだけの事を、僕は怠ってしまったのだ。

理由はいくつかあったと思うが、最大の理由はまたもや、

「人の目」

を、気にしていた事。

お仕事をさせて頂く上で雇用条件を確認することは、至極当然であり、必要不可欠。

なのに、生まれて初めてお会いしたAさんの手前なのか、和気あいあいと話している雰囲気を壊したくないのか、いずれにせよ、他人を気にして大切なことを確認しなかったのだ。

いやはや、振り返ってみて再確認だが、僕はくだらない人物だったのだな。

我ながら情けなくなる。

この時を思えば、今は随分小マシにはなったが。

ともかく、大きなミスはあったが、とりあえず新たな仕事が決定!

中古業者の仕事。

僕はワクワクしながら帰宅の途についた。

 

社会復帰編30へ続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事