スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

パチスロ専業生活から、社会復帰を目指した時の体験談の続きです。(前回分はこちら)

せっかく入社できた会社を、わずか二ヶ月で退職すること考えている、もう余り若くない銀猿。

迷いがある中、タイムリミットは刻一刻と近づいてくる。

 

決断

 

決断しなければならない日を間近にしたある日、僕の心を決める出来事があった。

その日は通し勤務。

夕方の休憩時間に、同じく休憩を取っていたアルバイトのN君が話しかけてくれた。

 

「銀猿さんも入社早々大変ですね。でも、コレもいつもの事だから、遅かれ早かれやらないとダメなんでしょうけどね」

 

・・・N君の話によると、恐ろしいほどの人員不足状態におちいる事も、社員やアルバイトが「とぶ」事も、全く珍しいことではなく、よくある話だと言う。

彼は、このお店に勤めて3年を超えるベテランスタッフ。

これまでも、今と似たような状況を何度も経験してきたらしい。

なので、今回の班長さんが二人続けて「とんだ」事も、驚くべき事態ではないのだそうだ。

N君のこの話を聞いて、僕の気持ちは固まった。

 

「退職しよう」

 

 

変わらない

 

 

今の厳しい状況は一過性のものではなく、これまでも繰り返されてきた、いわばデジャヴのような光景。

だとすれば、今後も繰り返される可能性は極めて高い。

H君の話を聞けば、この問題は会社(若しくはお店)の、根本にあるように思える。

ならば、そう簡単に改善されるとは思えない。

「すぐには変わらない」

僕はそう思った。

こちらの会社にお世話になる限り、長時間労働を強いられることは必至。

以前書いた通り、役職が上がれば上がるほど拘束時間は長くなる。

それに伴い給与は上がるだろうが、自分的には代償が大きいと感じる。

何より、体力的にやってイケる自信がない。

恐らく、メンタル面も厳しくなるだろう。

ご縁あって入社させて頂いた会社だが、辞めることに決めた。

 

 

伝える

 

決めた以上、少しでも早くお話しするのが最低限の礼儀だと思い、H君の話を聞いた翌日、早速店長に退職の意思を伝えた。

伝えた時の店長は、残念そうな表情をされたものの「仕方ない」といった、どこか開き直ったようにも見えた。

H君の話し通りなら、こんなシチュエーションは慣れっこだろうし、退職理由も察しがつくはず。

現に退職理由は聞かれなかったし、引き止められる事もなかった。

 

 

お別れ

 

 

退職を伝えた後は、残りのシフトを全力で働くのみ。

最後まで精一杯働くのは、人として当然の務め。

残り数日をフル通しでこなし、I店での勤務を終了。

短い期間だったが、お世話になったみんなに挨拶を済ませ、I店ともスタッフともお別れとなった。

 

 

振り出し

 

 

7年ぶりの社会復帰は、残念ながら振り出しに戻ってしまった。

自分で決めた事なので仕方ないが、また仕事探しからやり直さねばならない。

どうなることやら・・・

 

社会復帰編26へ続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事