スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

パチスロ専業生活から、社会復帰を目指した時の体験談の続きです。(前回分はこちら)

就職が決まり、およそ7年ぶりの社会復帰編を果たした、もう若くない銀猿。

初日の勤務も終え、このままやってイケる手応えを感じていたが、勤め始めてしばらくすると、このお店(会社)の問題点に気付く事になった。

 

 

足りない

 

自店のサービス提供に必要な「最低人数」は、確保出来ていた。

しかし、その中身はと言うと、数人の「通し勤務」ありきで成り立っていたのである。

通し勤務とは、一社目の面接を受けた際にも書いたが、朝出勤しお昼過ぎに3~5時間程抜け、夜再度出勤する勤務形態のこと。

「中抜け」とも呼ばれ、昔のパチンコ店では、割とよくある勤務形態の一つである。

確かによくある話なのだが、このお店(会社)の場合、その「度合い」が酷かった。

特に欠勤者や退職者が出た場合でなくても、

 

店長=毎日

主任=月の3/4

班長=月の1/2

一般社員=月の1/4

が、通し勤務として、初めからシフトに組み込まれていた。

ちなみに休みは4週6休。

なので店長は、週に6日通し勤務をすることが普通にある。

これだけの残業を組み込んで、やっと最低限の人数が揃う状況であった。

 

 

ぶっ通し

 

しかもこの店の通し勤務は、いわゆる中抜けではなく、ガチのぶっ通し勤務。

お昼に30分と、夕方に1時間休憩を取る以外は、10分程度の休憩が数回あるだけ。

一日のほとんどを、ホール内での勤務にあたらなければならなかった(店長は除く)

 

これはキツい。

病欠者が出た時など、イレギュラーな時に対応しなければならないのならまだしも、元々のシフトに組み込まれているとなると、かなり厳しい。

肉体的には勿論、精神的に堪えること必至である。

 

 

残業代

 

 

この通し勤務はサービス残業ではなく、残業代が支給されていた。

役職が上がれば増額されるのだろうが、僕が一般社員として受け取っていた金額は、

 

「4,000円」

 

・・・安くね?

この時は、法律なんぞ全く知らず「少ねぇな」程度に思っていたが、アウトだよね?多分。

ちなみに、アルバイトが通し勤務を行う事もあり、その時は正規の時給が発生。

その為、スタッフの中には月収40万越えの強者もいた。

なので「短期で目標金額を爆速で貯めたい」若者にとっては、悪くない話だったのかもしれない。

 

 

不安

 

この勤務形態を目の当たりにした僕は、不安で一杯になった。

当然ながら、自身もこの勤務形態で働かなければならない。

しかも、今の状況が続くのであれば、役職が上がれば上がるほど拘束時間は長くなっていく。

これから年齢も重ね、体力が更に低下していくなか、この長時間労働に耐えられるだろうか?

肉体面だけではない。

精神面でも厳しくなる可能性が高い。

これだけ自由な時間が持てないとなると、心が疲弊してしまうだろう。

慣れてくれば、上手く時間をコントロール出来るのかもしれないが、慣れるまで持つかどうか・・・?

僕は、迷路の中に突入した。

 

社会復帰編21へ続く

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事