スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

先日、競馬界の流行り病の一つとして「高配当当てたい病」を紹介しました。

 

 

 

 

今回は、その「高配当当てたい病」と双璧。

競馬界の流行り病二大巨頭の一角、

「ハズレるの怖い病」

について書いていきます。

こちらの病も自覚症状がなく、自分で気づいて根治することは難しい場合が多いです。

皆さんも知らぬ間に感染していないか、一度確認してみて下さい。

 

 

ハズレるの怖い病

 

 

「ハズレるの怖い病」は、その名の通り、馬券をハズすことを極端に怖がる病気です。

この病はヤバいです。

前回の「高配当当てたい病」は、高配当「だけ」を徹底的に狙い打てるのであれば、強靭な精神力+豊富な資金力で、トータルプラスになる可能性は十分にあります。

ですが「ハズレるの怖い病」は、ほぼ勝ち目がありません。

目の前のレースだけの勝ち負けや、的中・不的中だけを考えれば、利益は少なくとも勝つことはありますし、結構当たります。

が。

それが逆に危険です。

「高配当当てたい病」以上に危険な「ハズレるの怖い病」

自分が感染していないか、しっかり確認して下さい。

 

 

特徴1 買い目が多い

 

この病を患っている方の特徴の一つは、

「買い目が多い」

 

です。

ハズれるのが怖い訳ですから、少しでも気になる馬は抑えます。

「もし来たらどうしよう」

この感情が、馬券を買う段階で大きくなります。

考えれば考えるほど、色々なパターンを想像してしまい、あれこれと手が出ます。

多くの場合人気に押される馬は、人気になる根拠があります。

それ故考え出すと、その馬が走るパターンは容易に想像出来てしまいます。

そして気になるあまり、その馬を抑えてしまう。

予想の最初の段階で軽視していた人気馬を、最終的に買い目に組み込んでしまう方は、かなり危険な状態です。

 

 

特徴2 口癖がとりあえず

 

特徴の二つ目は、

 

「口癖がとりあえず」

 

です。

先程の特徴に付随する形ですが、やたらと「とりあえず」と言いながら馬券を買っているシーンをよく目にします。

「とりあえず抑える」

この言葉がメチャクチャ多い。

そして、その「とりあえず抑える」馬の対象はやはり人気寄り。

コレが10番人気以下の人気薄とかであれば、オッズ的に抑える価値はあるでしょうが、人気馬となればオッズは低い。

リターンの少ない馬を「とりあえず」買うことが非常に多いのが特徴です。

次に多く耳にするのが、馬券的中時に、

「とりあえず元は返ってきた」

です。

コレもよく聞きます。

この場合「三連単を100円均等買いで買っており、その中の一つが元返しの組み合わせだった」のなら、まだ救いはあります。

それ以上にヤバいのが「とりあえず」来る可能性が高いからと、馬連やワイドに資金を多めに投入している場合です。

このパターンで馬券を買う人は、長期的に見ればまず負けます。

勝負ごとに絶対はありませんが、絶対と言いたくなるぐらい、高確率で負けます。

勿論、1番人気と2番人気の馬連だって、小点数で仕留めれば、しっかり利益が出ます。

そうではなく、人気馬が走られたら不的中になってしまう恐れから、抑え馬券を買ってしまう。

馬券がハズれて、賭けたお金が一円も戻らない怖さから、人気馬を抑えてしまう。

「とりあえず」馬券を買ってしまう人は、かなり危険な状態です。

 

 

特徴3 単複は買わない

 

 

次の特徴は、

 

「単複は買わない」

 

です。

不思議なようですが「ハズレるの怖い病」にかかっている方は、あまり単複を買いません。

理由はハッキリしませんが、僕の考えでは、、

「当たるパターンが一つしかないから」

だと思います。

特に単勝馬券においては、対象馬が勝たなくてはなりません。

何か別の馬が一頭大駆けした時点で終了です。

それが嫌なんだと思います。

「どう転んでも当たる可能性を残しておきたい」

そんな心理が働いているように思います。

ですので単複を買わない反面、BOX馬券が多いのも特徴の一つです。

後は、三連単フォーメンションで、軸が3頭も4頭もいることも多いですね。

単複を買わなくても競馬では勝てますが、無駄な多点買いが多い人は、かなり危険な状態です。

 

 

次回

 

 

どうでしょうか?

皆さんはハズレるの怖い病を患ってはいないでしょうか?

「とりあえず」

を頻繁に言ってしまっている方は要注意です。

次回は、考え方の側面から、この病の改善法を探っていきます。

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事