スポンサーリンク

 

 

こんばんは!銀猿です。

6月9日に放送された「ほんまでっかTV」(投資の天国と地獄SP)をご覧になった方はいらっしゃいますか?

その中で、お笑い芸人の岡野陽一さんと鈴木もぐらさんが、ギャンブルをする上で大事なことは、

「賭けている時に、いかに脳汁が出るか?」

だと仰っていました。

銀猿的には、勝つことが大目標だと思うのですが、反面、激しく同意する気持ちも沸き上がりました!

4号機全盛時代。

確かに期待値を追い求めてパチスロを打っていましたが、同時に、溢れ出る脳汁の分泌に、心踊らされていたことも事実です!

今日は、そんな僕の脳内に「汁」を溢れ出してくれた場面を思い起こします。

 

ランキング

 

初めは、ランキング形式にして書いていこうと思っていました。

脳汁ランキング?みたいな。

パチスロで脳汁が出る瞬間と言っても、

 

・確定演出時

・滅多に引けないプレミアム演出時

・確定ではないけれど、熱い演出時

・確定ではないけれど、熱い「出目」出現時

などです。

それらを、独断と偏見にまみれたランキングにしようと思い、自身が書いた機種名鑑を見ていたのですが・・・無理です、ベストスリーとか、神セブンなんぞで収まりません!

機種名を見ているだけで。

筐体の写真を見ているだけで。

あの時の熱い瞬間が、思い出されます。

 

脳汁ポイント

 

早速、銀猿的脳汁噴出出目(なんか中国語みたいだな)に参りましょう!

栄えある第一回目の機種は、みんな大好き「大花火」です。

 

過去の名機ランキングを行えば、恐らくはTOP3に入るであろう、まごう事なき名機中の名機。

熱い瞬間も沢山ありますが、銀猿的脳汁ポイントは、

「予告音+左下段BAR+中リール上段青7ビタ押しからの3コマスベリ」

です。

自分で書いてて「伝わらんな」と、思いますが、構わず進みます!

 

①予告音が鳴る

②通常のDDTポイントである17番の「HANABI」図柄が下段に停止(左リールは上から山・三尺・HANABIとなる)

③この時はまだ鉢巻(4thリール)は動いていない!

④中リール上段に青7をビタ押し(正確には、ビタ気味に押す)

⑤ここでスベリが発生して、中リールの出目は上から三尺・チェリー・山

⑥この時点でもまだ鉢巻(4thリール)は動いていない!

コレっ!コレっ!コレっ!

この瞬間が、銀猿的脳汁ポイントです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未確定だからこそ

 

この状態は非じょ~~~うに熱いです。

銀猿的には激熱です。

いや鬼アツです!

 

この後右リールを止めると、鉢巻リールでは例の長ったらしい「ハズレor大当たり」の演出が行われる訳ですが、待っている間のドキドキ感が堪らんのですよ!

中リール上段に青7が停止している時と比べると、銀猿比で5倍は熱いです!

「大当たりで止まるんじゃね!?止まるんじゃね!?」

と、顔には出さず、心の中でワッショイ状態です。

ここまでドキドキするのは「期待が持てるから」は勿論ですが、

「確定じゃない」

ってのが大きいですね。

 

まぁまぁの確率で入ってるけど、ハズレることもある。

だからこそ、余計に「汁が出る」訳ですよ!

ちなみにこの出目、中リールがビタで押せている場合でも、100%入っているかどうかは分かりません。

と、言うか、知りません。

でも良いんです!

リール制御上の答えも知らない。

当然、僕のビタ押しが100%正確な訳がない(わざと曖昧ビタで押しているのもある)

ふんわりしてる所が、かえって良い!

まさに「汁を出しに」いってましたね。

 

 

補足

 

中リール上段に青7が止まった瞬間に鉢巻が動くと、その時点で2確です。

右だろうが左だろうが「動けば」確定。

第2リール停止時鉢巻始動=何らかの役が成立ですから。

3コマ滑っても小役非テンパイなので、同じ理由で2確のハズなんですが、僕の記憶が正しければ見たことがないと思います。

リール制御上、あり得なかったのでしょうかね?

 

あと、上記の脳汁噴出出目が出た場合は、カラ回しが基本でした。

ジュースやトイレタイムとして席を離れ、戻ってくる時に、シマの端から4thリールが光っているかどうかを確認するのが、銀猿流の楽しみ方。

 

また、高設定確定時や時間がない時は、下を向いて目隠し押し。

4thリールの音に合わせて、止まる少し前に顔を上げて、リーチ目が出来上がっているか確認するのが別の楽しみ方。

 

 

・・・アカンっ!

大花めっちゃ打ちたなってきたっ!

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事