スポンサーリンク

 

 

 

おはようございます!銀猿です。

先日は、健康診断の結果を報告させて貰いました。

 

 

運良く特に大きな問題はありませんでしたが、最近悩まされている身体の不調があります。

 

 

 

僕が悩まされているのは「目」の不調です。

正確には「不調」ではなく「衰え」ですね。

今年に入ってからですが、本当に目が見えづらくなってきました。

朝起きた時だけでなく、日中でも、突然見えづらくなることが多々あります。

一旦見えづらくなると、しばらくその状態が続きます。

動くモノや、大きなモノはあまり問題ありませんが、文字は厳しいです。

特に小さな文字は、壊滅的に見えません。

完全無欠の「老眼」です。

アラフィフですので仕方ありませんが、去年まで全く問題なかったので、少々困惑する日々を送っています。

 

 

ド近眼

 

 

これまで老眼を感じたことがありませんでしたが、それは、僕が近眼なせいかもしれません。

それも、超ド級の近眼です。

裸眼だと0.01以下ですので、文字を読もうと思うと、ホントの本当に目の前まで持ってこないと、読むことが出来ません。

視力が悪くなったのは、小学2年生ぐらいから。

そこから一気に悪くなり、小学4年生以降は眼鏡をかけないと日常生活が送れなくなりました。

ですので、近眼歴は40年を数えます。

近眼と老眼の関係性はよく分かりませんが、実は老眼になっていたにも関わらず、今まではあまり感じることが出来ずにおり、老眼の度合いが強くなった今、急激に体感するようになったのではないか?

と、勝手に思っています。

 

困る

 

老眼になることは仕方のないことですし、いつ頃から老眼になったかは関係ありませんが、目が見えづらいと日常生活で困ります。

個人的に特に困るのが、

「読書」

Kindleでも紙の本でも、突然全く読めなくなる瞬間があるので、本当に困ります。

気持ちがイライラしてしまう時もありますし、何より、時間を勿体なく感じます。

老化は誰にでも訪れることであり、多少なり仕方のない部分もあるでしょうが、何とかならないもんですかね。

 

 

出来ないかもしれない・・・

 

目が見えづらくなってから思ったことがあります。

もしかしたら今の僕は、

「二コマのリプレイハズシも出来ないんじゃね?」

と。

老眼と目押しはあまり関係ないとは思います。

目押しに必要なのは、動体視力ですからね。

図柄の細部まで見える必要はありません。

ですが、動体視力だって年々衰える可能性が高いでしょう。

全くパチスロを打っていない訳ですから、単純に目押しのレベルが低下しているのは間違いありません。

その上動体視力が低下しているとくれば、二コマ目押しをミスる可能性すら出てきます。

もうパチスロを打たないのであれば、二コマ目押しが出来ようが出来まいが関係ないのですが、何て言うでんすかねぇ~

「ちょっと寂しい」

気持ちになります。

今後役に立たないスキルでも、一度はキチンと身に付けた技術が錆びついてしまう。

やっぱり、少しだけ切ないですねぇ~。

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事