スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

前回は、馬券購入の最初のポイントである、予想成績に合わせて買うことについて書きました。

 

 

 

今回は、僕が考える券種選択のポイントの二点目、性格に合うか合わないかについて深堀りしてみたいと思います。

 

好みは結構大事

 

 

皆さんは好きな券種があるでしょうか?

逆に、嫌いな券種はあるでしょうか?

「そんなもんは全くねぇ~」

と、仰る方は、今日の記事はスルーして下さい。

あまり役立たないと思いますので、ご覧頂くだけ時間の無駄になってしまいます。

もし、どちらかがあるのであれば、僕は無理に他の券種を買ったり、買わなかったりしなくても良いと考えています。

前回書いた事とやや矛盾するようですが、本当にそう思っています。

馬券購入については、絶対解がないというのが僕の考えです。

厳密に言えば完全無欠の正解がその都度あるのでしょうが、限られた時間の中で常に正解を叩き出し続けることは、時間的にも精神面からも、手動では不可能だと思っています。

自動投票による期待値を徹底的追求した買い方が出来るのであれば、ある種の絶対解となるでしょうが、普通に馬券を購入する我々一般ユーザーにとっては、少々高いハードルがあります。

メンタル編のところでも書こうと思いますが、競馬(に限らずギャンブル全般)において、メンタル面の安定、冷静さを保つことは非常に重要です。

ですので、当たる当たらないは勿論、購入した馬券が当たったとしてもハズレたとしても、後悔する馬券の買い方は止めた方が良いと考えています。

 

 

予想を寄せていくという考え

 

とは言え、好きな券種を好きなように買っていては、控除率25%の壁はとてもじゃないですが破ることが出来ません。

好みの券種がある方は、自分の予想スタンスを好きな馬券に寄せていくようにしてみ下さい。

反対意見が多数出ることは承知の上で、凄く大きく分けてしまえば、1着になる馬を予想するのか?3着以内に入る馬を予想するのか?です。

単勝馬券が好きな人が、3着以内に入る馬を予想することはないかもしれませんが、三連単が好きな方で、3着以内に入る馬を予想している方は、かなり多くいらっしゃるのではないでしょうか?

「三連単は着順を当てる」馬券です。

どこかの着順を決められないのであれば、個人的には買うべき馬券ではないと考えています。

その中で一番オーソドックスなのが、1着馬を予想することでしょう。

勿論、2着・3着をしっかり予想出来るのであれば、それはそれでOKです。

3着以内に入る穴馬を予想するスタンスであるのであれば、基本的には、ワイドや三連複が「合う」はずです。

どうしても三連単が買いたければ、三連複で馬券を構築しておいて「完全に思い通りの決着になった場合」の馬券だけ、三連単を上乗せで買えば良いだけです。

三連単フォーメーションはありですが、三連単マルチは必要のない馬券だと思っています。

そうではなく、複勝やワイド馬券が好きな方がいらっしゃるのであれば、勝ち馬を見つけ出すことよりも、人気薄で3着以内に走りそうな馬を見つけることに注力すべきです。

複勝もワイドも着順を問われない馬券です。

その利点を活かせるような予想を心がけましょう。

「どの馬が勝つかな?」

という視点がいらないと申しませんが、

「どの穴馬が喰いこむかな?」

の方が、自分の好みの券種に合っているということです。

 

 

連敗への耐性

 

性格に合うか合わないかの点で、もう一つ大切なポイントがあります。

それが「連敗への耐性」です。

馬券を買っていく上で、連敗は避けて通れません。

多くの人が○○連敗という、当たらないタイミングを向える可能性が高いです。

そして、連敗への耐性は人それぞれです。

長く馬券を買いトータルでプラスを達成している人ならば、幾度のスランプを経験しているので、少々連敗が続いても「一過性のもの」「また来たか」ぐらいでやり過ごせるでしょう。

また元々の性格上、連敗への耐性が高い人もいらっしゃいます(数は少ないですが)

自身の連敗への耐性を知ることで、券種選択もある程度変わってきます。

連敗への耐性度が低い人は、勿論のことながら三連単は控えた方が良いと思います。

馬連よりもワイドを選択する方が良いかもしれません。

単勝よりも複勝の方が合っているかもしれません。

確かにどの券種を選択したとしても、買い目を増やせば的中率は上がります。

その結果、連敗自体も減ることになります。

ですが、そうなると今度は回収率100%超えが遠のいてしまいます。

それに、購入資金の問題も出てきます。

今後詳しく書いていきますが、競馬は当てようとすると勝ちにくくなります。

的中率を上げようとすると、回収率が下がる傾向にあります。

完全に相関するとは言い切れませんが、かなりの確率でリンクします。

回収率100%超えを目指す場合「連敗」という事態は避けて通れないと僕は思っています。

的中率75%!回収率130%!

みたいな芸当は、かなり難しい事だと思います。

無理ではないのかもしれませんが、もし出来るとすれば本当に一部の限られた人だけでしょう。

馬券勝ち組と思わしき人たちを見ていても、的中率は30%あれば高い方で、10%~20%ぐらいがボリュームゾーンではないでしょうか?

脱線してしまいました 汗

連敗への耐性がまだ低いと感じていらっしゃる方は、着順を当てる馬券より着順不問の馬券。

3頭当てる馬券よりも2頭当てる馬券。

と、的中率がある程度見込める馬券を選択していくのが良いかと思います。

連敗への耐性度は、経験や知識が増えていくことで強化される場合も多いので、難しい馬券への挑戦はそれからでも遅くはありません。

 

 

まとめ

 

 

今回は、券種選択の二つ目のポイントとして、性格に合うか合わないかについて書いてみました。

まとめると、

 

①好みは大事
性格に合わない馬券を買って、後悔しては意味がありません
②予想を寄せていく
好みの券種があるのであれば予想自体をそれに合わせる③連敗への耐性
連敗への耐性度が低い内は難しい券種を避ける

本当は、ケースバイケースで券種選択出来るようになるのがベストですが、絶対解のない世界です。

自分に合った券種選択が常に出来るようになれば、競馬がもう少し楽しくなりますよ。

次回は三つ目のポイント。

最後はオッズが決めるについて深堀りしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事