スポンサーリンク

 

 

 

おはようございます!銀猿です。

以前、会社の先輩の影響から、簿記の資格を取得したことを書きました。

 

 

その後、学ぶことの楽しさを知り、勉強を続けています。

今日は、今僕がチャレンジしていることについてのお話しです。

 

 

英語

 

 

今僕がチャレンジしているのは、

「英語」

です。

「今」と書きましたが、英語を始めてから約2年が経ちます。

英語力UPに向けて、日々少しずつではありますが、コツコツと積み重ねています。

 

 

大嫌いだった

僕は学生時代、本当に勉強が苦手でした。

特に中学時代は酷く、中学3年生の秋には、受験できる高校が指折り数えるほどしかない有様でした。

見かねた母親に家庭教師をつけて貰い、何とか真ん中程度(偏差値50)の成績まで上げることが出来ましたが、それでも勉強が得意になることはありませんでした。

そんな中でも、英語は特に苦手科目でした。

本当に「何も分からない」状態だと言って過言ではありません。

「be動詞って美味しいの?」

「関係代名詞って恰好良いの?」

そんなレベルでしたので、40歳を過ぎてから英語の勉強を始めるまで、本当に英語が大嫌いでした。

 

 

なぜ英語の勉強を始めたのか?

 

そんな大嫌いだった英語の勉強を始めたきっかけは、ネガティブなモノでした。

数年前。

会社の規模縮小により、部署の異動を言い渡されました。

その時は、当時やっていた仕事が好きだったこともあり、人事異動の命に不満一杯でした(今は、当時の僕がただの勘違い野郎だったと思っています)

その為、異動を言い渡され時は、本気で転職を考えました。

が。

 

これまでブログに書いてきた通り、僕は他の人達が当たり前に重ねてきた努力をしてきていません。

40歳を過ぎた元スロプロが、そんな簡単に転職なんぞ出来るハズがありません。

コレは、転職活動に入る前に、自分で気がつきました。

そこで目をつけたのが英語でした。

ベタな選択かもしれませんが、英語を身に付けることは、転職を視野に入れた際プラスになると考えました。

安易な考えだと思います。

それでも理由は何でアレ、ここから僕の英語の勉強が始まりました。

 

 

前途多難

 

英語を始めることを決めた僕でしたが、イキナリ躓きます。

「英語って、何から勉強すれば良いの?」

文法?

発音?

単語?

そんなモノより、習うより慣れろで、ひたすら英会話?

英語が大嫌いだった僕は、一体何から手をつければ良いのか皆目見当がつきませんでした。

前途多難です。

それでも色々と調べたり、自分なりに考えたりして、何とか英語の勉強をスタート。

途中、一旦挫折した時期を経て、先程書いた通り、英語の学習を始めて2年(トータルで3年弱)ほどが経ちました。

英語力がついているかどうかは微妙ですが、それでも、いまでも続けられているのですから、案外向いていたのかもしれません。

何でもそうですが、やってみないと分からないものです。

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事