スポンサーリンク

 

 

こんばんは!銀猿です。

先日、パチンコ・パチスロメーカーに対し、業界を良くする為の「提言」として、無駄なコストを削減し、遊技台の価格を下げる事が、最も簡単で確実な方法だと「何様?」目線で偉そうに語らせて頂きました。

今回は、業界団体に対してもの申させて頂こうと思うのですが、「業界団体」と一言で言っても、かなりの団体が存在しますし、各団体に個別に提言させて頂く訳にも参りません。

そこで本日は、全ての団体に対して「お上」にあたる、警察庁の方に対して、業界再建への秘策を提案させて頂きたいと思います。

正直、警察庁の方が、パチンコ業界の盛衰に敏感だとは思いません。

ですが、今回の提案を実行出来るのは、恐らく警察庁だけだと思われます。

5号機や6号機など、自主的な射幸性の低下を目指した内規の変更などは、メーカーが名を連ねる業界団体でも可能でしょうが(コレとて、警察庁からの「圧力」に端を発しますが)、今回はメーカーが絡む団体の決定では難しいです。

万が一取り入れる事が出来ても、早晩、隙をついて「約束」が破られる事が目に見えています。

ですので、警察庁の方。

もし「面白い」と感じて頂ければ、ご一考頂けないでしょうかね?

それでは本文に参ります。

 

 

発売機種数の制限

 

 

僕が個人的に考える、パチンコ業界再建への秘策は、

「発売機種数を制限する事」です。

昔のパチスロ機のように、リリース出来る機種に初めから「限り」を設けるのです。

今の若い方はご存知ないでしょうが、2号機、3号機の時代には、各メーカー「2機種まで」という縛りが存在しました。

過去の機種が載っている雑誌などをご覧になれば分かりますが「2-1」とか「3-2」とか書いてある場合があると思います。

 

例えば、スーパープラネットは山佐の「3-1」号機ですし、ホールインワンは山佐の「3-2」号機です。

ユニバ系なら、リバティベルⅢはメーシー販売の「2-2」号機ですし、コンチネンタルは瑞穂製作所の「3-1」号機です。

このように、各メーカーが出せる機種数には制限が設けられいました。

この「制限」を復活させ、各メーカーが販売可能な機種数に上限を設ける事が、業界再建への特効薬だと考えます。

 

 

何故制限を設けるのか?

 

 

何故制限を設ける事が、業界再建へと繋がるのか?

昨今のパチンコ・パチスロ業界は、雨後の筍のように、新台を次々に発売します。

以前も書きましたが、市場で人気のシリーズを持っているメーカーが「人気機種を買いたければ、この機種を買って下さい」と、平然と抱き合わせ販売を行っています。

そうでなくても、言葉は汚いですが、とくに作り込みもせず、ただアニメや芸能人とのタイアップ機種を「バカ」みたいに量産し、ユーザー無視で「アホ」みたいに高い値段で売りつけているのが現状です。

若い世代はパチンコ・パチスロに興味を持たない為、パチンコ店は、昔からパチンコを打たれるヘビーユーザーの方たちから「むしり取る」ような営業を余儀なくされる状況です。

勿論、メーカーだけが悪い訳ではありませんが、メーカーの責任は非常に重い。

ですので、パチンコ・パチスロ共に、発売出来る機種数に制限を設けます。

そうすれば、無駄な抱き合わせ販売はなくなるでしょう。

「限られた」機種数で勝負しなくてはならない訳ですから、必然的に「作り込み」には力が入るでしょう。

何か版権を使って作るにしても、その版元を活かす事を最大限に考えるでしょう。

今現在のユーザーが求めている機械を模索するでしょう。

お客さんであるパチンコ店に支持される機械を考案するでしょう。

「取り敢えず作る」という風潮は、綺麗さっぱりなくなる可能性が高いです。

この姿勢が徹底された時、パチンコ・パチスロ業界に「光」が見えてくる。

そう考えます。

 

 

具体的な機種数は?

 

 

パチンコ・パチスロ共にとなれば、昔のスロットのように「号機」という縛りは難しでしょう。

ソレに、以前の4号機のように、長期間続いてしまっては、流石にメーカーの経営が成り立ちません。

常識的に考えれば「一年に2機種」程度が無難なラインでしょうか?

コレでメーカーが厳しいと言うのなら、一つのタイトルに対して「スペック違いは2通りまでOK」ぐらいの妥協案は示しても良いかもしれません。

「A」という機種を発売するならば、1/319のミドルと、1/99の甘デジは「一つの機種」として考えるという事です。

正直、コレでも「多い」と個人的には思いますが、部品を作る関連企業の存在や、遊技機を運ぶ運送会社などの存在も無視出来ないので、この辺りがまずはギリのラインではないかと思います。

 

 

 

グループ会社

 

 

万が一、上記提案が実現したすると、間違いなく「グループ企業」が乱立します。

ユニバ系言えば、ユニバ・アクロス・メーシー・ミズホなど、全てグループ企業です。

ですので、資本関係の有無に関わらず「グループ企業」であると認めらる場合(役員の重複や、事実上の資本関係、株式の有無)は、全てのメーカーが「一年に1機種」のみ販売可能で「スペック違いの販売も認めない」という縛りを設けましょう。

コレなら縛りが随分キツくなります。

それでも乱立しそうではありますが・・・。

 

 

まとめ

 

如何だったでしょうか?

ほぼ「夢物語」に近いですが、真剣に業界再建への一つの策だと思ってるんですよねぇ~。

メーカーさんからは、またもお叱りを受けてしまいそうですが、考えてみて下さい。

このまま、今の状況を続けた時、5年後・10年後、どれだけのパチンコ店が潰れると思います?

パチンコ店が減少すれば、メーカーだって経営が厳しくなるでしょ?

老舗のパチンコメーカーでは、奥村が数年前に倒産しました。

マルホン工業も、2015年3月に民事再生法の手続きを行っています。

以前書いた理由により、これからパチンコ・パチスロユーザーが増加するとは思えません。

確かに、人間の根幹的な欲求に「ギャンブル欲」はあります。

それを考えれば、パチンコ・パチスロがこの世から完全に姿を消す場面は想像し難いです。

ですが、それとて「健全な競争原理が働いてこそ」だと思います。

今のパチンコ・パチスロ業界は「異常」だと思います。

なんとか、ギャンブルとして「だけ」ではなく、一種の「文化」としても生き残っていく為に、警察庁の方、ご一考頂けませんかね?

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事